今月の一冊 - Nature Books -

今月の一冊 - Nature Books -

【今月の一冊】風の谷のナウシカ

今月の一冊というよりかは、一作というか、1シリーズになってしまいましたが、これはある意味よく皆さん知っている作品だと思います。 新型コロナウイルスの影響により、今、映画館にてジブリ作品が再上映されているということで、せっかくならばと公開中の4作品、すべて見てきました。その映画についてそれぞれ語りたい気持ちもありますが、それは置いておいて。4作品の中で最初に視聴したのが「風の谷のナウシカ」でし...
今月の一冊 - Nature Books -

【今月一冊】「月に吠えるオオカミ」

自然風景が広がる弟子屈では、有名な写真家も在住されています。いくつもの自然写真集出されている水越さんもその1人で、私が尊敬する写真家のお1人です。町内で時々姿をお見かけすることがありますが、私なんかは恐れ多くて話しかけることすらできたことがまだ一度もありません。 ただ彼の書籍はほとんど入手して時々本棚から引っ張りだしては目を通しています。彼は写真集だけではなく、写真にまつわるエッセーも出され...
今月の一冊 - Nature Books -

【今月の一冊】「センス・オブ・ワンダー」

レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」は、自然環境に興味がある人であればほとんどの人が知る著書だと思いますが、“自然と触れ合う”ということの原点に立ち直れる一冊でもあると思っています。描かれているフィールドが彼女の出身地であるアメリカのメイン州なのですが、北海道と緯度がほぼ同じで登場する植物が似通っている部分もあり、道東の自然が好きな方はより身近に感じながら読むことができる本でもあります...
スポンサーリンク
×
タイトルとURLをコピーしました