朝焼け

特集 - Specials -

【特集】摩周・屈斜路カルデラの雲海

周囲を海に囲まれている日本は山間や盆地など様々な場所で雲海が見られる国であると言えます。そしてその発生条件などを押さえておけば雲海の有名どころではなくても、意外と身近な場所でポイントを見つけることができるかもしれません。摩周・屈斜路エリアも例外ではなく春~秋にかけて雲海が発生することが多くなる場所の一つですが、その条件を見て様々な場所でトライしてみてくださいね。 そもそも霧と雲海の違い 雲も含...
日記 - Diary -

【日記】日の出の時刻が遅くなってきました time of sunrise is getting late

10月も半ばに近づくと、日の出の時刻がだいぶ遅くなってきました。今季初かな。今朝はマイナスの気温を記録していて地面には霜が降りていました。空は薄っすらと雲が朝焼けてくれて、しっとりとした雰囲気の景色を見ることができました。 昼間になると分厚い雲が広がってしまい登山をしに行こうと思って移動していたのですが、予定変更して和琴半島を歩いてきました。 紅葉も始まってきていますが、ピークはまだ先そうです。 ...
日記 - Diary -

【日記】早朝の景色が続いています

今朝も朝早くから摩周湖へ。今朝はいい感じに雲がぷかぷかと浮かんでくれていて、日の出と同時に朝焼けてくれ、以外と長い時間雲を赤く染めてくれていました。朝のオレンジ色の太陽の光を浴びて、雪の結晶がキラキラと輝くのは、太陽が昇ってきたときだけの光景です。今冬はなかなか摩周の霧氷が見られないので、久しぶりに見てみたいなと思いますが、どうなるでしょうか。これからが楽しみですね。
日記 - Diary -

【日記】新年最初は摩周湖から

ついに2019年の幕が上がりました。新年最初は摩周湖から。初日の出もとてもきれいに見られました。多くの方が展望台に来ていましたが、みんなは初日の出を目当てに来ているので、太陽ばかりを見ていましたが、それと同時に空に広がる雲がほんのりとピンク色に染まってくれていて、そちらのほうがきれいでした。さて今年はちょっと道東の別のエリアももう少し見て回れたらいいなと思っているのですが、どうなるでしょうか。色々...
日記 - Diary -

【日記】静かに月が屈斜路カルデラに沈んでいきました

ピン!と降り詰めたマイナス10度の冷たい空気の中、ビーナスベルトが空から降りてきて、白く雪化粧した屈斜路カルデラを赤く染めました。ちょうど月が外輪山に沈んでいくところで、それだけでもとてもきれいな景色でしたが、そこにオオハクチョウの家族が朝の湖上散歩をしているかのように、ゆっくりと湖面を横切ってくれました。多すぎない雲も景色をより美しく飾ってくれ、とっても寒いけど、静かな時間が過ぎていきました。
日記 - Diary -

【日記】摩周湖の爽やかな早朝

早朝急に雨が降ってきたと思って雨雲レーダーを見ると、上空を雨雲が通過しています。かと思ったら、雨雲はすぐに通り抜けていくことになっていたので、摩周湖へ。雨が降ってくれたおかげでとてもさわやかな摩周湖と雨上がりの雲が上空に広がって遠く地平線は一筋に朝焼けてくれていて、素敵な景色を見せてくれました。
日記 - Diary -

【日記】摩周湖の結氷が進んでいます

摩周湖の結氷が進んでくれています。早朝とか一瞬だけでも全面が結氷していたのではなかったかな。ほのかに赤らんだ空が氷に映りこみとても素敵な景色となっていました。これからどんどん天気が崩れて荒れる予報です。どこまで氷が保ってくれるのか。ここで保ってくれれば、今年は全面凍ってくれるのではないかと思っています。
日記 - Diary -

【日記】日の出が早くなってきました

冬至のときは7時くらいにならないと太陽が昇ってきませんでしたが、今はもう6時15分くらいには昇ってきます。今朝は少し早めに展望台に到着できたので、そんな太陽の光が当たる雄阿寒岳、雌阿寒岳の上空にきれいな月が浮かんでいました。
日記 - Diary -

【日記】真っ赤に燃えて

いや~。今朝の朝焼けはすごかったですね…。かなり長い時間赤かったですし、かなり広範囲で赤かったです。久しぶりに摩周湖の朝焼けが見たかったです…。昨日は摩周の日の出を見に行っていたので、余計に悔しいです。 とりあえず、通り道でここならという場所で止まって、かろうじて、絵になったでしょうか。斜里岳のシルエットに燃えるように赤くなった空が印象的でした。 朝は10度ほどしかなかった気温も、昼間...
日記 - Diary -

【日記】春の斜里岳

本当は斜里岳の上から昇る朝日を期待して出かけたのですが、以外と雲があって日の出は見ることができませんでした。こういう時もあります。仕方無い。 その代わり、かかっている雲が斜里岳周辺の少しだけ焼けてくれて、きれいな山のシルエットを見せてくれました。ダイナミックな景色ではありませんでしたが、これはこれできれいでした。 日の出位置は夏至に向かってどんどん北へと移動しています。できれば夏のどこ...
スポンサーリンク
×
タイトルとURLをコピーしました