紅葉

日記 - Diary -

【日記】雨の中葉っぱがどんどん落ちています leaf is falling day by day

雨がしとしとと一日中、降り続けていました。オフでしたが、仕事でないとなかなか雨の日に出かけに行かないので、久しぶりに雨が降る中、レインウェアを着込んで出かけてきました。紅葉はまだ見ごろでしたが、どんどんと葉が落ちていて、湖面に落ちたばかりの葉がたくさん浮かんでいました。その湖面に雨雫が落ちていて、晴れている日とは違った景色を見ることができました。 It was drizzling all d...
日記 - Diary -

【日記】葉っぱがハラハラと落ちていました Leaves were fluttering down

今年は赤くなるはずの葉が黄色のまま落ちてしまっている木が多いです。風が吹くとハラハラと葉が落ちていました。ちょうど少し傾いた木の幹の上に葉っぱが落ちていて、いい雰囲気の森が広がっていました。天気がいい日が続いているので、日々色づきが進んでいきます。明日明後日はつつじヶ原、ポンポン山とまだまだ紅葉刈りは続きます。 Trees which leaf usually turns red but t...
日記 - Diary -

【日記】ゴゼンタチバナが紅葉し始めました Canadian dwarf berry

川湯の裏に広がるアカエゾマツの森の中に広がるゴゼンタチバナが紅葉し始めていました。まだまだ日当たりが悪い場所は緑色なので、これからどんどんと色づいていくでしょう。アカエゾマツの樹間に生えている広葉樹やヤマドリゼンマイも色づいていて、秋だからこその景色が広がっていました。 Canadian dwarf berry in Sakhalin spruce forest behind Kawayu ...
日記 - Diary -

【日記】阿寒では落葉し始めました leaves around Lake Akan started falling

だいぶ屈斜路湖畔も色づいてきましたが、標高の高い阿寒湖周辺ではピークを過ぎたような感じがします。それでもまだきれいな景色を見ることができました。川ではアメマスやニジマスが泳いでいて、河畔ではカエルやキツネ、ミンク、シカなどの生き物たちにも出会うことができました。なかなか無い機会だったので、いい経験になりました。 Leaves around Lake Kussharo are turing r...
日記 - Diary -

【日記】雌阿寒岳の紅葉が進んでいました Leaves at Mt. Meakan turning red

オンネトーに紅葉の様子を見に来たのですが、なんだかせっかく来たのだからと雌阿寒岳まで登ってきてしまいました。上空に雲があったものの、そこから差し込む光がちょうどオンネトーに降り注いでいて、とてもきれいな景色を見ることができました。阿寒富士中腹のナナカマドの紅葉がちょうどいいタイミングでそれが見られたのもよかったですね。 I came to Onneto to see how red leav...
日記 - Diary -

【日記】藻琴山はナナカマドの紅葉がきれいでした Red leaves of Japanese rowan at Mt. Mokoto

藻琴山の頂上付近では紅葉がきれいでした。正確には頂上はすでに枯れ始めていましたが、そのすぐ下の稜線沿いがきれいでした。青い屈斜路湖を背景にして紅葉が映えていました。 風も強く吹くので、なかなか紅葉しているだろうなというタイミングで登れないので、今年はドンピシャでいい景色が見られてよかったです。 Red leaves around the top of Mt. Mokoto. Properly...
日記 - Diary -

【日記】高原沼の紅葉はきれいでした Colored leaves of Kogen ponds were beautiful

大雪山国立公園の中の高原沼巡りへ行ってきました。普段とは違うフィールドへ足を踏み入れると、少し興奮しますね。ここにはいくつもの沼がありますが、紅葉はちょうど見ごろだったのではないかと思います。山の頂上には雲がかかっていましたが、強風のお陰で、時折、先日初冠雪した頂も見ることができました。天気は芳しくなかったですが、それでも多くの方が訪れて紅葉鑑賞を楽しんでいました。 I went to wa...
日記 - Diary -

【日記】緑岳は紅葉していました Leaves are turning red at Mt.Midori

今年4度目の大雪山国立公園。1度目に訪れた緑岳は縁があったようで2度目の訪問です。前回訪れたときは初夏で新緑がきれいでしたが、あっという間に季節は過ぎて紅葉景色となっていました。緑岳から見る白雲岳や緑岳の麓は初めてだったこともあり、遠景で見るときれいに色づいて見えました。しかし、間近で見てみると意外にすでに葉が落ちてしまっている木も多く、例年と比較してしまうとイマイチのようです。でもなかなか青空が...
日記 - Diary -

【日記】足元で見る秋の終わり

まだすべての葉が落ちていないので、最後の紅葉を見に和琴半島を歩いてきました。まだ葉は残っていますが、もう秋も終わりです。足元にホオノキの実が落ちていて、中にある赤い実が艶々していました。ハウチワカエデの落ちた赤い葉と赤い実と。カサカサと落ち葉を踏みしめる音も静かな森の中で響き渡ると、なぜか心が落ち着きますよね。最後の紅葉も後少しで終わります。
日記 - Diary -

【日記】コシアブラがきれいに色づいています

モミジなどの明るい紅葉が終わるころにコシアブラの葉がまるで色を落としていくかのように白く色づきます。今年は全体的に傷んでしまっている葉が多く、なかなかきれいな葉を見つけることができませんでしたが、少しだけあったので、撮影してきました。いい具合に光も差し込んでくれていたので、透き通った感じを見ることができました。
日記 - Diary -

【日記】和琴半島の紅葉はピークです

普段歩きに行くときは午前中に出かけることが多いのですが、せっかくなので午後から和琴半島に出かけてきました。午前中とは違い、光がどんどん淡くなっていく中で、きれいに色づいた葉が落ちていく様子が、哀愁漂っていて。今年の紅葉は色づきが淡いので、今日みたいに午後から出かけたほうが、日陰の中で色がより淡く際立ってくれて、午後歩きに来てよかったなぁと思いつつ、あぁ冬がやってくるなぁと痛烈に感じてしまいました。...
日記 - Diary -

【日記】湖畔の紅葉と光と蜃気楼?

天気予報はずっと天気がいい予報でしたが、全天で曇っていて、時々、隙間から光が差し込んでくるくらいでした。こういう時は動き回って被写体を探してもガソリンばっかり食ってしまうので、屈斜路湖の対岸に差し込む光を撮影していました。帰ってきて、遠い対岸が手ぶれていないか、アップしてよく見ていたらなんだか蜃気楼っぽい現象が起きているように見えます。水面が暖かくて、北風は冷たかったので、たぶん下位蜃気楼だと思う...
私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【山】オンネトーから見る雌阿寒岳

紅葉と初冠雪と 阿寒摩周国立公園の中でも摩周第1展望台よりも標高の高い位置にあるのがオンネトーです。山の中にあり広葉樹が湖畔に広がっているため、秋になると紅葉景色を見に多くの方が訪れます。 山の中のため、低地よりも葉が色づくのが一足早く、目の前にそびえ立つ雌阿寒岳の麓が一気に色づくとダイナミックな景色を見ることができる年もあります。ただ、紅葉景色はよく見ることができるので、今回は色づい...
日記 - Diary -

【日記】若いオスジカ

午前中は地域活動に勤しんで、一段落した午後は屈斜路湖畔をお散歩。何も考えずにぼ~っと歩いていたら、湖畔の森の中でガサガサと音がしたので少しびっくりしながらその方向を見ると、向こうもびっくりしていたのか、若いオスジカがこちらを見ていました。沈む太陽が黄葉の森を照らす中、屈斜路湖をバックにシカを見ることができたので、とても雰囲気が良かったです。狩猟の時期は始まっているので、増えすぎて回りの若木などを食...
日記 - Diary -

【日記】舞い散る落ち葉

今年の紅葉はウルシの紅と早くに色づいた黄色はきれいでしたが、ウルシの紅葉が一段落して、ミズナラの黄色とモミジの紅が一気に同時に色づいてくれたら良かったのですが、かなりのんびりと色づいてきているため、遠目に見たらきれいなのですが、木をよく見てみると、色づいていない葉とすでに枯れてしまっている葉が混在しています。アップで見ないほうがいいですね。足元に落ちている葉も傷んでいるものが多く、きれいに色づいた...
日記 - Diary -

【日記】山の上では赤色がきれいになっていました

今まで夏の真っただ中か、冬にしか訪れたことが無かった場所へ紅葉を見にポンポン山へ出かけてきました。真夏だと下草が多くて歩きづらいのですが、秋だと下草が枯れているので、とても歩きやすかったです。屈斜路湖畔ではまだカエデの紅がきれいになっていませんが、ポンポン山ではピークを迎えていました。というか、この場所がこんなにきれいに紅葉する場所だとは思っていませんでした。また来年も訪れたいですね。
日記 - Diary -

【日記】オオハクチョウ屈斜路湖来訪

オオハクチョウがやってきたという知らせが届きました。昼間は飛んで行ってしまうと思ったので、早朝に見に行ってきました。車から降りると、半年ぶりの鳴き声が聞こえてきました。冬が今年もやってきてしまうのか…という気持ちにさせてくれました。湖畔の紅葉はピークに近づいてきているのですが、紅葉とオオハクチョウのセットを見ることができました。そろそろ冬に向けて準備をしないといけないですね。
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖畔の紅葉

まだまだ全体的には色づいていませんが、きれいに色づいた木も見られます。昨日は雨が降っていましたが、今日から数日間は天気が良さそうです。今日は秋晴れの中、屈斜路湖・摩周湖と色々と見て回ってきました。来週中か週末ぐらいが紅葉もピークになるでしょうか。低地がピークになる前に少し標高の高い場所を明日は巡ってみようかと思います。
日記 - Diary -

【日記】かぶと山麓の紅葉

朝は雨が降っていて、午前中は雨の中で山へ登っていたのですが、途中で雨も止んでくれました。かぶと山の麓の紅葉も色づき、朝の雨が木々をしっとりとさせてくれ、空の雲がどんどん消えていく瞬間を見ることができました。午後からは晴れていましたが、夕方からまた雨が降ってきたけど、また晴れてを夜まで繰り返していました。明日からは天気が続くようなので、周辺の紅葉が進んでいきそうなので、楽しみですね。
私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【摩周湖】摩周外輪山の紅葉

摩周第3展望台から見る短い秋 摩周外輪山は500~700mほどの標高があります。摩周湖の湖面標高はおよそ350mなので、標高差は150~350mほどあります。摩周にある3つの展望台の中でも一番高い標高にあり、外輪山の上から湖面までの景色を見ることができるのが第3展望台です。 山の紅葉は標高が高いところから低いところへと移り変わっていくのですが、摩周外輪山では、湖面からの上昇気流や下降し...
私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【木】ひと際目立つ紅色

弟子屈町の名木 モミジ 弟子屈町の名木としてモミジが2本選定されています。1本は弟子屈市街地の中にある銀行の駐車場奥にあるので、銀行に立ち寄った時など気軽に見に行くことができます。 モミジは秋になると燃えるように真っ赤に色づくのが特徴です。 紅葉するとひと際、その存在感を放ちますが、日が当たるところと、日陰になってしまうところができるからか、1本の木でもてっぺんから根本の方の葉ま...
日記 - Diary -

【日記】紅葉の森の中でカモが飛び回って

湯沼の紅葉がそろそろきれいになってきているかなと、出かけてきました。クマも怖かったので、声を出しながら歩いて近づくと、カモが休憩中だったのですが、驚かせてしまい、一斉に飛び出たせてしまいました。ごめんと思って、少し立ち止まって沼に近づかないようにしていたら、様子を見ながらカモの群れが沼の上空を何周もグルグルと風を切りながら、飛び回っていました。すると、大丈夫だと思ってもらえたのか、一度飛び上がった...
10月 - October -

【10月の見どころ】屈斜路湖畔の紅葉

季節の境目 秋から冬へ 10月も中旬になると屈斜路湖畔や川湯園地の広葉樹の葉が色づき、紅葉がとてもきれいに見られます。釧路はハンノキなど谷地に生える木が多いので黄葉が多く、知床は多くの針葉樹の中に広葉樹が生えているので、それはそれできれいですが、なかなか広範囲が紅葉になりません。両エリアに比べると、屈斜路湖畔はずっと広葉樹の林のため、思わず車を停めてしまうほど、赤や黄色、オレンジのきれいな紅...
日記 - Diary -

【日記】久しぶりのヤマゲラ

家から窓の外を見ていると、空はどんどん曇ってきて今にも雨が降ってきそうな中、キジバト、アカゲラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、コゲラなど次々と前の目の前の木々を飛び回り始めました。アカゲラなんて5,6匹は飛んでいたと思います。静かに佇んで鳥たちを見ていると、一番最後にヤマゲラが登場したと思ったら、近くの色づき始めた木に止まってくれました。久しぶりにヤマゲラを見ました。鳥たちが移動しながら食べ物を探し...
日記 - Diary -

【日記】夏と秋の境目

朝は午後から天気が崩れてくる予報でしたが、なかなか降らなかったですね。もっとどこかに出かけたらよかったなと思いましたが、家の周りの散歩でも発見はありますね。屈斜路湖畔でもなぜか家の周りの木々の紅葉が早くて驚いています。ちょうど、赤や黄色と緑が入り混じっていて、夏の終わりを感じます。全体の紅葉はまだ先なので、こういう些細な変化を身の回りで観察できるのが楽しいです。
日記 - Diary -

【日記】藻琴山でも紅葉が始まりました

本州から戻ってくると、地熱や日当たりがいい場所では落葉樹の葉が色づき始めていました。早速、屈斜路カルデラでは最も高い藻琴山へ登ってきました。ナナカマドやサクラの木の葉は色づいていました。風も強いので、色づくとすぐに散ってしまうため、なかなかすべての葉が紅葉している姿まではいきませんが、秋を感じることができました。涼しくなってきているからか、藻琴山でシマエナガやキクイタダキ、ホシガラスなどの野鳥を楽...
日記 - Diary -

【日記】藻琴山の紅葉状況

昨年は藻琴山中腹のシラカンバの黄葉がきれいな時を見ることができたので、今年は頂上付近のナナカマドの紅葉が見たいな、そろそろかなと思って、麓から見上げたら霧に頂上が包まれていましたが、藻琴山に登ってきました。昼間あまり暖かくならないので、昼と夜の寒暖の差が少ないからか、一部だけ色づいていましたが、あまり紅葉していませんでした。山の上なので、風も強いですから紅葉したらすぐに散ってしまうので、次回タイミ...
日記 - Diary -

【日記】台風も通りすぎて

台風が通過していきました。昨晩からの強風や雨は朝には止みました。もっとひどくなるかなと思っていましたが、とりあえず家の周りは大丈夫でした。ただ落ち葉は多くて、掃き掃除していたら、地面にたまった雨水の上に真っ赤に色づいた落ち葉が一枚あって、雨水に反射したまだ風に揺れている木々が印象的だったので、思わず掃き掃除を中断してしまいました。
9月 - September -

【9月の見どころ】登山道で見られる紅葉

例年、8月も中旬を過ぎると、気温も下がり、肌寒くなってきます。そのころから、広葉樹の葉はだんだんと夏の緑色が薄れていき、紅葉の準備が始まっていきます。 9月に入ると、山の上から少しずつ紅葉が始まっていきます。始めは早くも色づいた木が数本あり、それがまだ緑多く残る森の中で目立って見えます。特にナナカマドやオオカメノキの木の葉の色づきが早いでしょうか。 山の上だから余計だと思いますが、強風...
日記 - Diary -

【日記】色づき始めるカエデ

昼間は少し暑く、朝晩の気温差があるので、まだ8月ですが、すでにカエデの木が紅くなってきたり、シラカンバが黄葉してきたり、紅葉しないハンノキなんかはすでに葉が落ちています。冬は雪が少なかったので、春も少し早かった気がしますが、このままいくと秋も早くにやってきそうな気がします。短い夏が終わりを告げようとしていますが、今晩から明日にかけて台風が通過していく予報なので、注意していきたいですね。
阿寒摩周国立公園 - Akan Mashu National Park -

【阿寒摩周国立公園】秋 – Autumn –

屈斜路カルデラでは、ダケカンバやヤマモミジなどの広葉樹が夏の終わりに、一斉に色づき始めます。木々にとっては長い冬に備えた準備が、人々にとっては哀愁漂う景色となります。 赤や紅、黄、オレンジ、濃い、淡い、絵具がひっくり返されたような様々な色が目の前に広がり、その美しさや爽やかな夏の終わり、長く厳しい冬の始まりと、様々な感情が入り混じって、思わず息を飲みます。 冷たい風に煽られると、葉はひ...
日記 - Diary -

【日記】和琴半島の紅葉も終わり

かろうじて最後に紅葉した木が色づいています。逆にそれが目立ちますが、これらが落ちたら、今年の摩周・屈斜路エリアの紅葉ももう終わりですね。歩くだけではなくて今回は初めて、和琴半島をカヤックで一周してみましたが、湖上から見る和琴半島もまたいつもと違った角度からの景色でとてもよかったですね。
日記 - Diary -

【日記】雨がしとしとと降っています

しとしとと雨が降ったりやんだりを繰り返しています。風も吹いたりやんだりして、風が吹くと葉がどんどん落ちていきます。明日は台風がやってくる予報です。これから風はどんどんと強くなっていきます。せっかくきれいに色づいている木々は台風後はどうなるでしょうか。雪も降ってくる予報もあります。この時期の雪はまだ慣れていないので、運転には十分注意していきたいですね。色づいた葉が落ちずになんとか雪と紅葉を楽しめたら...
モノクロの世界 - Monochrome -

【モノクロ写真】Flowing Seasons

紅葉がここまで進んでくると、もう冬が来るんだなぁとしみじみしてしまいます。そんな移り行く季節が表現できたらいいなぁと思っているところに、とても変わった形をした木の根っこを発見。面白いなぁと思って近寄ったら、とてもいい具合にカエデの葉が乗っかっていました。季節は移ろいますね。
日記 - Diary -

【日記】爽やかな光

屈斜路湖畔の始めの紅葉のピークは過ぎてきたのかなぁと思います。ただ、まだまだ緑の葉もあるので、これからもう一度くらいピークが来るのではないかなぁと思っていますが、どうでしょうかね。天気も良くてぽかぽかしながら、湖畔を歩きながら紅葉を楽しむことができました。とても気持ちはよかったです。
日記 - Diary -

【日記】阿寒湖畔の森の紅葉

阿寒湖畔やオンネトーを訪れてきました。久しぶりに訪れる阿寒湖畔の森は紅葉がばっちりでした。ボッケまでの散策路は気軽に行ける森でかなり歩きやすいので、もっと人が歩いていてもよさそうなものですが…。阿寒エリアでも摩周エリアも訪れる人の数に差はあれど、森の中を歩いている人の数はあまり変わらないのかもしれません…。結構長い時間いましたが、すれ違ったのは3組だけでした。それはさておき、紅葉はピークのように見...
日記 - Diary -

【日記】紅葉の湯沼

先月の台風後、なかなか林道を訪れる機会が無かったのですが、紅葉がきれいになっている頃合いかと湯沼まで林道を走ってきました。とてもありがたいことにしっかりと倒木の処理が行われていたため、湯沼までたどり着くことができました。 たどり着いたときは風が全く吹いていなかったため、湖面は鏡となり、紅葉となったリシリの姿を映し出してくれていました。昨年の台風後からはだいぶ水が少なくなりましたが、今まで根本...
日記 - Diary -

【日記】爆裂火口内の黄葉

登山道の整備のお手伝いで摩周岳まで登ってきました。摩周岳頂上から見ることができる爆裂火口内の黄葉がとてもきれいでした。もう少し色づくかもしれませんが、なかなかそのタイミングで行くことができないですね。
日記 - Diary -

【日記】摩周外輪山の紅葉が進んでいました

摩周の外輪山では紅葉や黄葉がきれいに見られるかと言われるとなかなかそのタイミングに出会えるのはチャンスが少ないです。天候状況によってすぐに色が褪せてしまったり、枯れてしまったりするためしてしまうからです。今年は展望台周辺の葉が色づいたのがとても早い感じがします。このタイミングがきっと最後ではないでしょうか。オオカメノキやオガラバナ、ハウチワカエデの赤色が目立っていました。
日記 - Diary -

【日記】輝くヤマウルシ

硫黄山の麓では紅葉がきれいになりました。一番早くに色づくヤマウルシがススキと一緒に秋の景色を作り出してくれています。特に光が当たった瞬間の輝き方は本当にきれいでした。 平地では硫黄山やかぶと山の麓から葉が色づいていき、屈斜路や川湯へどんどんと紅葉や黄葉が広がっていきます。藻琴山や摩周の外輪山では山の上から色づいていきます。例年よりも少し早い気がするのですが、これからどうなっていくでしょうか。
日記 - Diary -

【日記】かぶと山の麓

つつじヶ原自然探勝路を歩いていると、近くは無いですが、見られる紅葉があります。かぶと山の麓ときつね山で真っ赤に色づくヤマウルシです。その他の広葉樹はまだ色づいていないので、淡い緑色と針葉樹の濃い緑色と交じって、望遠レンズでぐっと引き寄せるときれいです。 硫黄山の麓もきれいに色づいてきているので、明日は硫黄山周辺を見て来ようと思います。
日記 - Diary -

【日記】平地でも紅葉

平地でもヤマブドウの葉が色づき始めました。夕陽に照らされて透き通る赤色はとてもきれいです。まだその他の木々は緑色なので、緑と赤が入り混じって、ヤマブドウが絡みついた木を見上げるように頭上を見ると、とてもカラフルな色合いを見せてくれます。 今回もシラルトロを訪れてみましたが、後数日は何とか時間を見つけて来てみたいですね。今まで見逃していた一面にも気づけましたし、もうちょっと頑張ってみたいですね...
日記 - Diary -

【日記】紅葉が始まっています

摩周岳の登山道では紅葉が始まっていました。 まだまだすべての木々の葉が色づいているわけではないですが、摩周岳や摩周湖と紅葉という景色を楽しむことができました。雲海が根釧台地いっぱいに広がっている様子を摩周岳の頂上からは見ることができ、帰りには雨も降ってきて、いつもとは違う変化に富んだ景色でした。 また数日後に歩きに行きますが、もう少し紅葉が進んでいるといいですね。
日記 - Diary -

【日記】強風吹いて

近づいてきていた台風は結局大きくそれていきましたが、とても強い風が一日中吹いていました。屈斜路湖の湖面も波は高く、すでに色づき始めた葉が湖面に落ちて波打ち際で寄せられていました。ゆらゆらと波で揺らめきながら、湖畔に打ち寄せられていきます。 そのまま、和琴半島を歩いてきましたが、こういう時の森歩きは頭上の枝が落ちてこないかをしっかりと見ながら歩きましょう。
日記 - Diary -

【日記】落ち葉

最近、お昼を芝生の上で食べています。回りに全然人がいないのが、本当にもったい無いほどです。都会との違いがこういうところで現れています…。 ふとご飯食べようと芝生に行ったら、シナノキやオオバボダイジュの葉の黄葉が進んでいます。芝生にも黄葉の葉が敷き詰められるように落ちていて、夏の終わりを実感します。今晩は雨が降って、明日はまた暑くなるようなので、体調を崩さないようにしていきたいですね。
日記 - Diary -

【日記】色づき始める木々

今季2回目の摩周岳でしたが、久しぶりの晴れ間の中で登る摩周岳は少しきつかったです…。今までずっと天気は悪くても快適に過ごせる気温だったせいもあって、とにかく暑かった! そして回りの景色もまだまだ緑が多いですが、少しずつ葉が色づき始めていました。日当たりがいい場所だったからでしょうか。すでに真っ赤になってしまっているものが何本かありました。ここからは少しずつ涼しくなっていくのですが、藻琴山の黄...
日記 - Diary -

【日記】ゴゼンタチバナの紅葉

今年はやはり木々の葉が色づくのが早いというか、色がくすんでしまってそのまま葉が落ちてしまっているようにも見えます。そんな中、アカエゾマツの森の中の日当たりがいい場所では、ゴゼンタチバナも紅葉し始めました。日陰ではまだまだ赤い実がたわわに実っている様子も見ることができます。少し山の上の葉の様子を見に行きたいですね。
スポンサーリンク
×
タイトルとURLをコピーしました