【日記】屈斜路湖畔の夕焼け

日記 - Diary -

午前中は雲海が条件よくお昼ごろまで見えていました。その後、霧はどんどんと消えていき、午後も気温が下がってくる時分になると、秋空のようなうろこ雲が空一面に広がっていました。あぁ、夕焼けが今日はきれいかもしれないなぁと。

18:50分ごろが日の入り時刻だったので、たぶん18:20には屈斜路カルデラの外輪山に太陽が沈んでいて、18:40頃には色々と仕事も終わって空を見上げると黄色く雲が焼けていました。こういう日は、雲は二度焼けるので、迷わずに屈斜路湖畔へ。思った通り到着したら、黄色がいったん引いた後に、雲が赤く染まり始めました。

空一面に広がる雲が広範囲で焼けていたので、東の方向にある摩周湖でもきれいだったかもしれないなぁと思いましたが、屈斜路湖畔は湖畔で久しぶりで、さざ波の音が気持ちよかったです。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました