【日記】2月1日:寄せ氷の中をオオハクチョウが進んでいました

日記 - Diary -

凍っては割れてを繰り返している屈斜路湖ですが、朝方はびっちり凍っていた砂湯付近も、夕方には氷が割れて寄せられていました。波に揺られる寄せ氷の中をオオハクチョウが一生懸命氷をかき分けながら進んでいました。夕陽をバックに進んでいる姿がかっこよかったですね。湖が凍っていくときは、毎日違った表情を見ることができるので、しばらくは屈斜路湖から目が離せませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました