【日記】ハルニレの巨木

日記 - Diary -

先日、美幌にあるハルニレの巨木を初めて見てきました。畑の中の町道沿いにそびえ立っていました。どこにあるのか探しているときに、遠くからあれじゃないかなぁと思えるほどの存在感を醸し出しています。

よく林道の先や公園の中などでは巨木は今でもありますが、こんな道路沿いで見られる巨木はなかなかないのではないでしょうか。本当に大きいなぁとしみじみと眺めることができます。

樹齢450年ほどのようで、さらに樹齢のあるミズナラと比べると樹齢の割に大きい感じがします。ただ、人の生活に近い木だから仕方のないことなのもとてもよくわかるのですが、それでも、やはり残念だったのは、電線が木の真横を通っていたことでしょうか…。

また、落ち枝の危険もあるのでしょう。道路側の枝はほとんど切られてしまっていましたし、風がよく当たるのでしょうか。道路の反対側はビニールで覆われていました。

できる限り、それらが入りこまないように、その存在感を表現したいと思って撮影してきましたが、どうでしょうか…。

近隣のその他の巨木も季節を変えて、いろいろと何度か訪ねてみようと思っています。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました