【日記】信越トレイルを訪ねて3

日記 - Diary -

標高の高い場所のブナはもう黄葉が落ちてしまっていましたが、山の中腹のブナの葉はまだ残っていました。とても太いブナの木もあって、その根元の立派なこと。小雨が降っていた午前中から、午後には本降りの雨となって、時には霰が混じるほどでした。でもそれが、雨水がブナの幹を伝って降りてくる姿を見ることができて、とても雰囲気のいい森歩きでした。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました