【日記】アメリカオニアザミの綿毛

日記 - Diary -

秋が少しずつどんどん深まっていきます。久しぶりに湯沼を訪れたら、帰化植物ですが、アメリカオニアザミの綿毛がモコモコとしていました。種が綿毛と一緒に舞っていましたが、確かにこうやって見てみると沼のフチがずっとアメリカオニアザミです…。花の時期もきれいでしたが、こうやって増えていく様子を見ると、あまりいい気はしません…。ちなみに湯沼対岸の紅葉は色づき始めというところでした。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました