【日記】摩周湖と月明りと

日記 - Diary -

摩周湖の湖面、今年は結氷しませんでしたね。2013年を最後に凍っていないので、今年で4年目です。 昨晩は満月。なにげなく月夜の摩周湖に行ってみたくなったので、行ってきました。

月明りや雪明りに照らされて、こんなにも月夜って明るいのかという夜。周囲の景色がとてもクリアに見ることができ、遠く斜里岳や雄阿寒岳まで見えました。摩周湖もくっきりと見ることができ、凍っていない湖面が風に吹かれてゆらゆら揺れているのが分かるほど。

そんな湖岸では、3月1日に9割ほどまで凍った氷の残りでしょうか。北風に寄せられて外輪山南側の内壁で重なりあっていました。ちょうど、展望台に到着した時間が月の出からのいい時間で、その寄せ集まった氷の上を照らすように光を落とし、氷が輝いていました。

放射冷却で一気に寒くなりマイナス8度ほどだったので、空の霞も少なく、昼夜の寒暖の差が身に染みる時期になりました。真冬のほうが寒いはずなのに、春のほうが夜は寒く感じます・・・。とりあえず家に帰って、薪ストーブに火をつけて、温まろう。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました