【日記】エゾタヌキが眠そうにしていました

日記 - Diary -

車を走らせていると、道路脇の雪が融けたところでは、この時期、昨年秋の落ち葉が溜まっていることもあるのですが、その落ち葉の塊にカモフラージュしているかのように、エゾタヌキがウトウトしていました。車をゆっくり横づけすると顔を上げて、眠いのにめんどくさいなぁとでも言わんばかりにこちらにお尻を向けて森の中へトボトボと歩いていきました。その姿がとても哀愁漂っていて、動物たちもきっと暖かい春を満喫しているんですよね。邪魔してごめんよ。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました