【日記】南風が硫黄山のガスを漂わせていました Volcanic gas at Mt. Io

日記 - Diary -

冬は北風が多いので、硫黄山から立ち上るガスは硫黄山の奥のほうへと流れていくのですが、今日は南風だったので、自分たちの方へ向かって漂っていました。気温もある程度低かったので、真っ白いガスが周囲を取り囲んでしまうため、太陽が全く見えなくなる瞬間もありました。風が巻く瞬間にかろうじて太陽と硫黄の塊が見えてとても幻想的な景色を見せてくれました。

We usually have north wind in winter so the gas at Mt. Io is blew back away. But we had south wind today and the gas was blew towards us. As the temperature was low, when the gas surrounds us, we couldn’t see even the sun sometimes. Yet, we could a whimsical scenery of the sun and sulfur when wind blew the gas away.

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました