【掲載】摩周湖の星空 ー祝 阿寒摩周国立公園 誕生ー

掲載

摩周ブルーを見せてくれる昼間の摩周の展望台では、どうしても雄大な湖の景色に意識が向いてしまうため、実はとても広い空を見ていることに気づける人は極わずかです。

夜に展望台を訪れると、昼間とは全く違う印象を私たちに与えてくれます。それは、満天の星が頭上にちりばめられているため、私たちの目は摩周上空の広い夜空に釘付けになるからです。また、湖岸には人工の明かりが一切なく、真っ暗闇が目の前に広がるため、無風で湖面の波が一切無い時には、摩周湖に星が映ることもあります。市街地からたった30分だけ移動するだけで見られる夜空の中では、最も条件がいい場所の1か所ではないでしょうか。

弟子屈で見られる夜空は、都市の近くでは見ることのできない財産です。11月にもなると明るい冬の星たちが顔を出し始め、空気も澄み始めるため、吸い込まれてしまいそうな星空が広がる夜もあります。

気温がマイナスになることもあるので、防寒着や温かい飲み物を準備して、月の無い天気が良さそうな日には、摩周湖へ夜空を見に出かけてみるのもいいのではないでしょうか。

広報てしかが 2017年11月号より

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました