【フリートーク】フリーランスになってみてと2019年の目標

3月までのサラリーマン生活が終わり、少しずつ準備をはじめ、7月にフリーランスとして活動を始めました。正直に事前準備はほぼなく、最低限仕事をするのに必要なものや環境を少しずつ整えながら、出来る範囲のことを一歩ずつやらせていただいています。まだまだ軌道に乗っているわけではなく、助けていただくことばかりですが、何とか年を越したので、フリーランスとなって思ったことを少しだけ振り返ってみようと思います。

まず、痛切に実感したのは、人は1人だとできることがとても少ないということです。今までは手分けをしながら、こなしていたことも、1から10まで1つずつやっていきます。少しずつ進めていくのですが、一気に進むこともあれば進まないことも多々あります。ただ、1人しかいないので、自分がやらないと何も動かないため、大きな一歩ではなくてもいいので、一歩一歩着実に歩を進めていくことが大切なんだなということを感じています。

また、あれもこれもと手を付けようとすると、結局何もできないということにもなってしまい、色々な方に迷惑ばかりをかけてしまいます。活動の優先順位を決め、力の注ぎ方やバランスを考えて動いていかないと何にもならないんだなということも実感しました。

これも大きな課題ですが、今までは勤務時間があり、出勤したら仕事、退勤したらプライベートと大きく分けられていましたが、自宅を事務所にしていることもあり、仕事とプライベートの境目が無いのも、課題でしょうか。

気持ちとしては、いつも休みなんだけど、いつも仕事をしている感覚に近いでしょうか。雇われのパートナーは休みなのに、公私の境が無い自分が、プライベートの話も仕事の話も休みの日にしたら、まぁ、嫌がられます。

またガイドや写真撮影には勤務時間も制約が無いため、朝から晩まで仕事をすることもあれば、朝早くや夜遅くに仕事することも多く、今までとは全然違う時間が流れていきます。

仕事も始めの3年が目途になっていくと思っています。大きなエネルギーを一気に使いすぎても、この地では成し遂げることが難しいことも分かっているので、自分にできることを少しずつこれからも進めていけたらと思っています。

昨年、まずは事業を立ち上げることができたので、次の目標はどう運用していくのかをこれから考えて少しずつ実行していけたらと思っています。今年1年はどんな年になるでしょうか。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました