【農風景】雪原で動き回る動物たち

私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

シーズン初め、まとまった雪が降ると、牧草地や畑は広大な雪原へ一夜にして変貌を遂げます。夏はショベルなどの大型な機会が動き回り、日々作物が成長していく姿を見ることができますが、冬になると、静かに時間が過ぎていきます。

そんな雪原の中を、時々、縦横無尽に跡が付いていることがあります。キタキツネやエゾユキウサギ、エゾシカなどの動物たちの足跡です。なかなか動物たちに出会うことは少ないですが、静かな雪原でついさっきまで動物たちが駆け回っていたのかと想いを巡らせてみると、とても不思議な気持ちにさせてくれます。

もちろん森の中でも動物たちの足跡は見ることができます。ただ、景色が開けておらず、動物たちが通り過ぎていったのは分かりますが、どう動いていったのかをイメージしずらいので、雪原で足跡を見られたほうが、ワクワクするような気がします。

昼間は太陽の光が頭上から降り注ぐので、足跡の中に影ができないのですが、朝夕なら陰影ができて、雪原の中で浮き上がって見えるので、探しながらドライブしてみるのもいいのではないでしょうか。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました