【日記】2月17日:オオハクチョウの足跡が残っていました

日記 - Diary -

2月になってから、ちらちらと雪が降ったことはあるものの、全然大雪が降りません。そのおかげで除雪作業が無いのは大助かりですが、雪が少しずつ減っているのも、何だか寂しい気もします。屈斜路湖も全面が結氷してしまったため、湖畔の温泉が湧いている場所にオオハクチョウたちが飛んでくるためか、その周りの氷面にはオオハクチョウの特徴的な足跡がくっきりと残っていました。でも温泉が湧いている近くは氷も薄いので、オオハクチョウも少しだけ踏み抜いていましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました