【日記】ナナカマドの実がひと際目立つようになりました

日記 - Diary -

摩周岳の登山道では広葉樹の葉はすべて落ち切って、ナナカマドの赤い実がひと際目立っています。秋晴れの中歩いていると、さわやかに汗ばみ、半そででも虫に刺されないのが、秋のウォーキングのとってもいいところです。摩周岳の登山道は自分が来た2010年よりずっと歩きやすくなり、とてもありがたいことです。屈斜路湖畔の紅葉もピークを過ぎてきました。例年だと、この辺りで雪が降ってくることがあるのですが、今年の初雪はいつになるでしょうか。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました