【日記】夕方の一瞬の雲海

日記 - Diary -

夕方に迫ってきた雲海。珍しく北風が少し吹いたことで、オホーツク海から流れてきた海霧を藻琴山のハイランドから見ることができました。雲海の上にも雲は広がっており、雲や霧、雲海が多かったため、上空の雲が夕焼けることは無かったですが、斜里岳や知床の山だけが雲海の上に飛び出している様子はなかなか見られないので、これはこれでよかったです。

ただ、この後、霧は盛り上がって景色は隠れていき、霧に包まれていきました。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました