【日記】7月29日:アメンボが食べ物を食べていました

日記 - Diary -

夕方屈斜路湖を眺めていたら、足元の湖面でアメンボがすいすいと浮かんでいました。ちょっと距離もあったので、何かを持っているのが分かりませんでしたが、帰ってきて拡大してみたら、アメンボが何かを持っていました。アメンボって何を食べるのだろうと調べてみたら、水面に落ちた虫を捕らえて食べるというか口の針を刺して体液を吸うらしいです。この写真だと分かりずらいですが、すごい拡大してみると針を刺していて、新しい発見でした。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました