【日記】葉痕にもいろいろな形があるんですね

冬に樹木を調べようとすると、何の木なのか判別するのはなかなか難しいです。その判断材料となるのが、冬芽とか、樹形とか、樹皮とかとなります。樹木は春に芽吹き始める冬芽の下に大抵、葉痕と呼ばれる昨年に葉がついていた跡があります。それらをよく観察してみると、養分を送るための管の跡がまるで顔の形のようになっているものがあります。

これは、川湯の園地内にたくさんあるノリウツギの葉痕と冬芽です。シカに食べられ過ぎてなかなか、冬芽を探すのが大変ですが、なんだか感傷に浸っているように見えませんかね…もしくは、早く暖かくならないかなぁと春を待ちわびているのか。

明日の天気予報は晴れです。