【日記】次世代へ

日記 - Diary -

森の中を歩いているときも、歩き終わって湖畔を少し歩いているときも、巨木だったであろう木の根元、残り株がたくさんあります。どれもシダが生えていたりするのですが、別の木の芽が生えていたりします。この株は目の前に別の木の芽が育っていて、まるで古い木の株が次世代を見守っているみたいだなって思えたので。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました