【日記】夕陽にエゾシカが照らされていました

日記 - Diary -

一日天気がよくて暖かかったです。昼間、美幌峠を訪れたらパラグライダーをしている方が空を飛んでて、とても気持ちよさそうでした。そんな一日の終わり、夕陽が沈むころ、赤い光が差し込む中、エゾシカがやっと春が来たぜと言わんばかりに哀愁漂わせながら、ゆっくり草を食みながら歩いていました。その背中は夏毛に生え変わり始めていて、まだら模様が少しだけ見えていました。奇跡的に4月は生き物シリーズが続いています。4月も半ばを過ぎて、せっかくだから動物シリーズを続けたいですが、明日は雨予報ですし、どうなるでしょうか。楽しみですね。

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました