【掲載】摩周岳登山道 -阿寒摩周国立公園名称変更へ向けて-

掲載

摩周湖は展望台から湖を眺めるだけではなく、時間をかけてゆっくりと風景を堪能することができる登山道があります。摩周第1展望台に入口があり、展望台から正面に見ることのできる摩周岳の頂上まで続いています。

片道7.2キロのこのコースは、湖を取り囲む外輪山の尾根沿いに整備されているため、少しずつ形が変化していく湖を左手に見ながら、歩いていくことができます。足元にはチシマフウロやモイワシャジンなど季節で変わる野の花、遠くには釧根台地や西別岳、斜里岳などの風景、頂上からは疲れを忘れるほどの迫力ある爆裂火口や摩周湖など様々な見どころが詰まっています。

入口と頂上までの中間地点には、風衝草原と呼ばれる開けた場所があり、休憩地が設置されています。頂上まで行く自信が無い方は、この場所を目的地に歩いて行かれるのもおすすめです。

これから登山をするには気持ちのいい季節がやってきます。クマ対策や装備は十分に準備して自分の体力と相談しながら、展望台からだけではない摩周湖を見に出かけてみるのもいいのではないでしょうか。

広報てしかが 2017年6月号より

コメント

×
タイトルとURLをコピーしました