霧氷

私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【私の心に残る風景】摩周・屈斜路カルデラ外輪山で見られる季節外れの霧氷

摩周・屈斜路カルデラの外輪山では、冬に見られる現象として取り上げられることの多い霧氷ですが、条件がそろえば冬以外の季節でも霧氷を見ることができます。なかでも、花や葉が芽吹く6月上旬に霧氷になると、冬に見られる霧氷景色とは全然違う姿を楽しむことができます。今回はそんな寒い初夏の様子をご紹介します。 そもそも初夏の外輪山で霧氷ができるには、私の中では3つの条件が必要だと思っています。1つ...
先月の一枚 - Moment Last Month-

【4月の一枚】摩周外輪山の霧氷:久しぶりの再会

4月17日に冬季閉鎖から解放された摩周第1展望台と川湯温泉を結ぶ摩周第3展望台を通る道路。なかなか訪れることができなかったのですが、とある午前中に摩周外輪山の麓を通過中、「来るなら今だよ。」と、摩周湖に呼ばれたので、訪問してきました。今の今まで霧に包まれていて全く見えていなかったであろう湖が到着すると同時に顔を出してくれました。低い気温の中、霧に包まれていたため、周囲の木々は霧氷に包まれていました...
日記 - Diary -

【日記】摩周湖上を飛ぶオオワシ

摩周の外輪山の内壁では、オオワシやオジロワシ、ワタリガラスなどが湖を見下ろした時、湖上を飛び回っているのを見かけます。そこで、オオワシを湖をバックに写真を撮影したいな、とずっと思っていたので、3月に入ってからやっとできた時間をフルに使って、第1展望台に通っています。人も全然いないので、ほぼ独り占め状態でオオワシが飛んでくるのを数時間待ちます。何回か飛んで来てくれましたが、まだ納得できないのでまた来...
日記 - Diary -

【日記】摩周湖が1/3程凍っていました Lake Mashu got 1/3 frozen

朝の摩周湖は霧でしたが、天気予報では午前中は晴れの予報。こういう日は必ず霧が晴れてきます。ただ、午後からは曇りの予報だったので、9時~10時くらいがベストかなぁと思って出かけてみたら、ちょうど霧が晴れて来てくれる瞬間に立ち会うことができました。すると、足元の湖面が凍っているではないですか。 29日のときは全く凍っていなかったので、昨日ある程度凍っていたものが、寄せられた分と新たに凍った分と、その上...
日記 - Diary -

【日記】摩周湖でサンピラーが見られました Sunpillar at Lake Mashu

早朝摩周湖に到着すると、北風が摩周外輪山で雲を作り出して消えて行っていました。こういう時は、太陽さえ顔を出してくれれば、サンピラーが見られるはず。少し待っていれば、雲の上から太陽が出てきそうだったので待っていると、出てきました。サンピラーです。ただ、雲もかなり早いスピードで流れていたため、サンピラーが現れては消えてを繰り返していて、それはそれで、景色に釘付けになってしまいました。きっと今冬最後のサ...
日記 - Diary -

【日記】久しぶりに-20度を下回りました -20 degree c this morning

-10度を下回る日は多かったですが、久しぶりに-20度を下回る朝でした。摩周湖は残念ながら霧氷ではなかったですが、川湯温泉街の中はとてもきれいに霧氷になっていました。日の出の時刻が早くなっていることもあり、青空と霧氷の青と白のコントラストがとてもきれいでした。見ているうちにどんどんと散り始めていて、それもまた美しい景色でした。 We had mornings below minus 10 d...
日記 - Diary -

【日記】摩周の霧氷がきれいでした Ice on tree at Lake Mashu

摩周に到着したときはまだ雪雲で景色がかすんでいましたが、滞在している間にどんどんと景色が見えてきて湖が姿を現してくれました。ただ、摩周岳の頂上だけは最後まで姿を現してくれませんでしたが、展望台周辺がこれだけ霧氷になっていると、とてもきれいでした。この後はあまり天気も良くなくて、意外と霧氷が昼間まで残っていたようです。明日もまた見られるといいなぁ。 When we arrived at Lak...
日記 - Diary -

【日記】摩周の外輪山で霧氷が見られました Ice on tree at Mashu caldera

雪予報では無かったのですが、北風が雪雲を運んできて雪を降らせていました。まだ完全な雪原にはなっておらずササが頭を出していますが、それでもやっと冬景色になってくれました。そして雪雲があると摩周外輪山ではやはり霧氷になりますね。晴れてはいないので摩周ブルーにはなりませんが、隠れたり見えたりする中島をバックに霧氷がきれいでした。 It shouldn't have snowed but north...
日記 - Diary -

【日記】摩周はまた霧氷でした ice on tree at Mashu caldera

雪は降らない割に、天気はあまり芳しくなく、どんよりとした雲が漂っていました。ただ、風も強いので時折雲の切れ間から太陽の光が差し込む瞬間もありました。雪が少ないので、ササの頭が一面に飛び出してしまっていますが、そのお陰で木々に着いた霧氷が浮き立って見えます。それでもやはりもうちょっと降ってほしいところです。 It was cloudy all day today without any sno...
日記 - Diary -

【日記】摩周外輪山を歩いてきました I walked along Mashu caldera

昨日やっと雪が降ってくれたので、まだまだ少ないですが、摩周外輪山を歩いてきました。昨日の雪のお陰で木々に霧氷が着いていました。ただ、風が強く雪が降ったりやんだりを繰り返していて、一瞬だけ日が差し込んでくれて霧氷の白色が際立っていました。 As it snowed finally yesterday, we still don't have enough snow but, we went f...
日記 - Diary -

【日記】阿寒滝口が霧氷でした Ice on tree at Akan waterfall

早朝の屈斜路湖は霧に包まれていたので、峠からはきっと雲海だったでしょう。そのころ私は阿寒方面へと車を走らせていました。ちょうど日が差し込んできたタイミングで阿寒湖の滝口に到着することができたので、冷え込んだ気温が川から上る蒸気で霧氷景色を作り出していました。その後は阿寒エリアをぐるりと回って帰ってきました。 Lake Kussharo was covered by the mist so s...
日記 - Diary -

【日記】藻琴山は霧氷景色でした Ice on tree at Mt. Mokoto

今日も霧氷景色を求めて藻琴山へ。標高700mほどの霧氷は昨日の午後には散ってしまいましたが、ずっと雪雲をかぶっていた藻琴山はまだまだ霧氷景色でした。雪も少しずつ積もってくれていますが、まだ雪原になるには程遠いですね。まだ分かる登山道をスノーシューで登っていくと、雪雲で遠景は全く見えませんでしたが、霧氷のいい景色が広がってくれていました。 I went to Mt. Mokoto to loo...
日記 - Diary -

【日記】峠は今日も霧氷でした ice on tree again

昨日に引き続き今日も峠は霧氷になっていました。山の上の霧氷は雪雲が山肌を撫でていくことで成長します。ただ標高が低いので太陽の光が当たると、1日で散ってしまうことが多いのですが、雪雲が外輪山に停滞しているため、午前中いっぱいまで残っていました。午後からは気温も上がったからか散ってしまっていました。 Tree was covered by ice again today. Ice on tree...
日記 - Diary -

【日記】摩周で霧氷が着いていました Ice on tree at Lake Mashu

摩周でここまで霧氷が成長したのは今冬初だったのではないかな。今朝一時みぞれ雪が降ったからでしょう。雲行きを見ると9時ごろ一瞬だけ晴れ間が見えて、また雲に覆われてしまう予報だったため、9時めがけて摩周湖に行ったら移動中はいい光が差し込んでいたのですが、到着すると同時にもくもくと雪雲が迫ってきて、暗くなってしまい、ギリギリのタイミングでした…。 It may have been the firs...
日記 - Diary -

【日記】雌阿寒岳はプチ霧氷でした

早朝雌阿寒岳の登山口から頂上を見上げると、他のエリアは天気がいいのに、山の上だけがピンポイントで雲に覆われていました。天気はよくなる予報だったので、ゆっくり登っていくと、少しずつ雲が取れてきてくれたので、よかったなぁと思っていると、上の方が真っ白ではないですか…。雲に覆われていて強風だったので、小さなエビのしっぽがそこら中に着氷していました。太陽が出てくるとどんどん解けていったものの、頂上付近は強...
日記 - Diary -

【日記】摩周湖はまだ結氷しています

3月に入ってから全然摩周湖に行けていなくて、午後に少し時間ができたので、久しぶりに訪れてきました。午前中まで霧に包まれていたので、展望台周辺の木々には霧氷がまだついてくれていて、雪の乗った真っ白く凍った湖面に摩周外輪山の影や上空の雲の影がきれいに落ちてくれて、いい景色を見ることができました。行き当たりばったりでしたが、その時々にしか見られない貴重な瞬間を見極められるようになれれば、普段の景色がより...
日記 - Diary -

【日記】辺り一面の木々が霧氷に包まれていました

今朝はスカッと晴れ渡ってはいなかったものの、辺り一面の木々は霧氷に包まれ、そこかしかで真っ白い景色を見せてくれました。昨日は摩周外輪山で今季一番に真っ白く霧氷に包まれましたが、今朝は川沿いや湖畔などで今季一番の霧氷景色でした。昨日は昼間暖かく、急に気温が下がったからか、峠からは雲海も見えていました。なかなか無い2日間でした。
日記 - Diary -

【日記】摩周湖畔まで霧氷でびっしりでした

普段は夜の間に成長した霧氷は太陽が昇るのと同時に散り始めてしまいなかなかお昼まで残っていることは無いのですが、今日は空が曇っていたお陰で昼過ぎまで見られました。摩周外輪山から見下ろすと、湖畔際までびっちりと霧氷が着いていました。外輪山では雪雲や霧が通過した場所でしか霧氷を見られないため、なかなか湖畔際まで霧氷になることはないのですが、昨晩の間に外輪山すべてが霧に包まれていたのですね。とても幻想的な...
日記 - Diary -

【日記】2日連続で摩周湖で霧氷が見られました

昨晩降った雪が摩周湖の凍った湖面を覆いつくして雪原を、雪雲が展望台周辺に霧氷景色を作り出していました。湖面が雪原になって、日が登り始めると、摩周外輪山の影が雪原に伸びていく様子を見ることができます。昼間は風が強くなり、氷の上の雪をまた飛ばしてくれて、風紋が戻っていました。この刻一刻と変化していく景色を見せてくれるのが、結氷後の摩周湖の醍醐味でもあります。
日記 - Diary -

【日記】南風で発生した摩周湖の冬の霧

南風が吹き始めています。摩周湖の展望台では凍った湖面は見えているものの、霧に包まれて、遠景を見ることができませんでした。その代わり、霧氷はとてもきれいに木々についていてくれ、時折薄らぐ霧の隙間から太陽が顔を覗かせてくれました。なかなか真冬にこのような景色に出会えることは少ないので、とても神秘的な景色となりました。それにしても湖面は最後の一部分がなかなか凍りません。
日記 - Diary -

【日記】摩周湖から見る日の出がきれいでした

今朝は日の出が上がってくる瞬間は霞がありませんでしたが、昇ってくると風が一瞬止み、その後また風が吹いてきたなと思ったら、霞が景色全体を覆い始めて、とても幻想的な景色を見せてくれました。摩周の外輪山では、どういうわけか枯れたイタドリの先端にだけ白いお花を咲かせたように霧氷が着いていて、それだけ先端が白いので、際立っていました。屈斜路湖は全面結氷間近ですが、摩周湖は部分的にさえ結氷し始める気配さえあり...
日記 - Diary -

【日記】太陽の日差しがとてもまぶしい一日でした

午前中は摩周の外輪山を、午後は屈斜路湖畔をスノーシューで歩きにでかけました。今回は、来季に向けてガイド風景の写真撮影も兼ねていて、予定していた日どりでいい天気になりすぎてしまいました。もうちょっと天気が悪い日の様子もまた撮影できるように予定をたてなければなりません。昨晩に雪が降ってくれたおかげで外輪山では霧氷を、雲一つなく晴れ渡ってくれたおかげで夕陽を楽しむことができました。
日記 - Diary -

【日記】摩周外輪山では霧氷がきれいに見られました

予報では晴れ時々曇りでしたが、カルデラの外輪山では雪が降っていました。摩周湖が見えたり、見えなかったり。風も横から吹いてくることもありましたが、でもだからこそ、霧氷が辺り一面の木々に着氷し、とてもきれいな景色を見せてくれました。太陽の光が差し込むときもあり、その一瞬はきらびやかな景色を見せてくれました。特に私は何もしていませんが、その時目の前にある景色がその人が出会うことのできた景色のすべてです。...
モノクロの世界 - Monochrome -

【モノクロ写真】Look Kamuishu secretely

夏のモノクロの世界も面白いですが、それでもやはり冬のモノクロはさらに面白いです。もともと色が少ないので、景色を見ているときにここでモノクロならきれいだろうなぁという場面が多いです。だからこそ、表現が難しいのかもしれません。何だか昨年も同じような景色を撮影している気がするので、もう少しひねりが必要ですよね。
日記 - Diary -

【日記】強風で寄せられる氷と成長する霧氷

ここ数日の間ずっと風が強く、氷が南岸に寄せられては流れてを繰り返しています。今日もまだ強いですが、だいぶ弱くなってきました。温泉から湯気が上がっているところでは、風に煽られた湯気で一部だけ霧氷が着いていました。明日からはやっと風も収まってくるようなので、また少しずつ湖面が凍り始めるかもしれません。この後が楽しみですね。
私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【木】温泉の湯気にまみれる川湯園地のアカエゾマツ

川湯温泉は屈斜路カルデラでも標高が低いため、気温も下がり、湧き出す温泉の湯気がもくもくと上がるため、木々に立派な霧氷が着き、川湯温泉街全体が霧氷に包まれることもあります。 冬でも落葉しない常緑針葉樹であるアカエゾマツは、葉がついているからか、霧氷が多少ついている程度では、白いなと思えません。しかし、川湯温泉街にある川湯園地の中では、なかなか白くなっているように見えないアカエゾマツも例外なく葉...
日記 - Diary -

【日記】摩周湖で霧氷が見られました

昨晩は結構な強風が吹き荒れました。雪もどかっと降る予報でしたが、強風だったお陰かあまり積もることも無く、朝は出かけることができました。一気に降ったら道路は通行止めになってしまいますし、止まっていなくても吹き溜まりに突っ込んで身動き取れなくなることもあるので、注意が必要です。摩周湖に到着したら、展望台周辺では霧氷が見られました。気温はそこまで低くないのですが、摩周では別に気温が低くなくても霧氷になり...
日記 - Diary -

【日記】薄っすらと浮かび上がるサンピラー

今朝も到着したときは雪雲に包まれていましたが、太陽が昇ってくる直前に薄くなってきて、太陽を見ることができました。今朝ははっきりと雪やダイヤモンドダストが太陽の光を反射してサンピラーが見えていました。ただ、太陽が雲を出たり入ったりしたので、サンピラーも伸びて引っ込んでまた伸びてを数回繰り返して、太陽が雲に完全に隠れてしまって見えなくなっていきました。
モノクロの世界 - Monochrome -

【モノクロ写真】Ura-yama

川湯温泉は、ぼうし山とかぶと山、硫黄山の3つの山の麓にあります。裏山に登山道が付いていて自分たちが住まう町が見下ろせたりするのですが、ここは残念ながら上ることができないので、見上げるだけです。摩周の外輪山と同じように山の上を雲が通過していくと、木々がびっしりと霧氷になっている様子を見上げることができます。いつかこういう裏山が登れるようになったらいいですよね。
日記 - Diary -

【日記】かすみの中で浮かび上がる日の出と霧氷

到着したときは、もっと濃い雲の中でしたが、太陽が出てくる直前から雲が晴れてきて、かすみの中でぽわっと浮かびあがるように太陽が出て来てくれました。周囲の木々に着いた霧氷もそんな太陽の光をほのかに浴びて凍った湖に浮かび上がります。雪雲が舞っているので、太陽の光を反射して、ほんのりと太陽柱が伸びています。それらが、なんとも言えない雰囲気を醸し出していました。
日記 - Diary -

【日記】ほんのりと朝焼けて

多少、風が吹いていて、湖自体は鏡になっていませんでしたが、凍った湖面は空を映していました。霞というか雪雲が外輪山を通過していましたが、太陽の光がとても柔らかな日差しとなって差し込んでくれました。木々には霧氷が着いて、なかなか無い景色となっていました。今年は摩周湖は結氷してくれるのでしょうか。
私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【摩周湖】青と白のコントラスト

早朝起きたときに、摩周湖が霧に包まれていることがあります。摩周外輪山の木々は霧氷が着氷しているだろうという条件なのですが、上空では低いどんよりとした雲が立ち込めています。 しかし、天気予報を見てみると、どの予報も朝から晴れ予報。こういう時は、必ず霧が晴れて青空が見えてきます。早速、歩く準備をしてスノーシューを持って摩周湖へ向かいます。 到着すると、展望台はまだ霧に包まれ、周囲の木々は霧...
日記 - Diary -

【日記】エゾシカを探せ

冬の第3展望台まで歩いてきました。一度だけ、道路の除雪が入ったようで、第3展望台までスノーシューいらずでした。昨晩は雪が降っていたので、周囲の木々は霧氷がびっちりと着いていて、晴れてはいませんでしたが、とてもきれいでした。第3展望台に着くと、足元で動いている何かがいるなぁと思っていたら、エゾシカでした。絶壁の下の方だったので、遠かったです。いつか大きく伸ばしてプリントしてみたら、エゾシカを探しだせ...
モノクロの世界 - Monochrome -

【モノクロ写真】Alone

太陽が沈むと、少しずつ光が少なくなっていきます。そんな摩周外輪山を歩いていたのですが、踊りだしそうな霧氷をまとった木々をカムイッシュが遠くから独り見ているような雰囲気となりました。前回のものとまた違った雰囲気になったと思うのですが、どうでしょうか。
モノクロの世界 - Monochrome -

【モノクロ写真】White Birch

ダケカンバの枝先まで霧氷が着き、木全体が白くなっていました。暗く落ち込んだ湖面がブラックボードのようになってくれ、太陽の光は雲に隠れ、薄っすらとした光のおかげで、木全体が黒板の上で白く浮かび上がってくれました。モノクロだからこその面白さです。
日記 - Diary -

【日記】2017年最後の朝、摩周湖は霧氷でした

なかなか目覚めることができない冬の朝ですが、今朝は久しぶりに何気なく目が覚めてしまいました。昨晩の時点で明日の朝は風が弱ければ、霧氷かなぁと思っていたのですが、予報は強風の予報だったので、あまり期待していませんでした。でも、何気なく摩周湖のライブカメラを見たら、曇っているけど霧氷が成長しています。後は現地に行ってその景色を楽しんできました。家ではテレビも無いですし、まったく大晦日の雰囲気が無いので...
特集 - Specials -

【特集】摩周湖で見られる厳冬の花

厳冬期に咲く花があります。寒い朝、日の出直後にだけ見られるのですが、もちろん、本物の花ではありません。その正体は木々に着いた霧氷。昇ったばかりの太陽に照らされ、光の色に染まることで、まるでピンク色の花が咲いているかのように見られるのです。そこで今回は、摩周湖での霧氷を見ることまでたどり着くまでと、そもそも霧氷はどんな時にできるのかを説明しつつ、霧氷がピンク色に染まった時の景色を一挙にご紹介していき...
私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【木】枯れ木に咲いた白い花

弟子屈町の名木 エゾヤマザクラ 弟子屈町では名木として、巨木やその土地所縁の木、美しい容姿など様々な理由から、エゾマツやエゾヤマザクラなどの14本が選定されています。藻琴山の麓にあるエゾヤマザクラもその1本です。 しかし、2016年夏の台風で倒れてしまい、起こし上げられてはいたのですが、2017年の春は残念ながら花を咲かせてくれることはありませんでした。きっと、これから少しずつ土に還っ...
日記 - Diary -

【日記】釧路川の霧氷

今朝も以外と冷え込んでいて、川沿いなどで木々に着いた霧氷と、太陽が高く昇った時にハラハラと舞い落ちる霧氷がダイヤモンドダストのように見えてとてもきれいな景色を見せてくれました。まだまだ雪は少ないのですが、まだまとまって雪が降ってくる予報も無いので、一面が雪景色になるのは12月でも中旬ごろからではないでしょうか。昨年は雪は少なめでしたので、今年はどうなるでしょうか。
日記 - Diary -

【日記】季節外れの樹氷

今朝は摩周湖がついに霧の摩周湖でした。起床して摩周湖ライブカメラ(弟子屈なび)を確認してみると、完全に霧に包まれてしまい湖すら見ることができません。こうなってしまうとなかなか摩周湖へ出かけることがないのですが、久しぶりに霧の摩周湖でも堪能して来ようかなと思って訪れてみると・・・これですよ。 地面の雪はだいぶ融けてきているのに、木々はすべて樹氷で真っ白になっています。車の気温計は0度。風速は5...
日記 - Diary -

【日記】裏摩周展望台の霧氷景色

大雪の後に回復した天気もまた夜の間に少し積雪しました。雪雲が標高の低い山沿いを通過していったようで、早朝6時の摩周湖のライブカメラは霧で湖は見えないけど、霧氷になっています。 天気予報を確認すると、午前中は天気がよく、午後に向かって下り坂。 天気予報が晴れになっているのに、現在霧になっている時は、ほぼ必ずと言っていいほど、午前中のどこかは分からないですが湖が見えるようになってくるはずで...
掲載

【掲載】摩周外輪山で見られる霧氷 ― 阿寒摩周国立公園名称変更へ向けて ―

厳冬期の摩周では、昼間雪が降り続け、夜の間に降り止む天気予報になっていると、素晴らしい風景に出会えることがあります。朝陽に染まる霧氷です。標高600m前後の外輪山が雪雲に覆われていると、風で流された霧粒が冷えた木々に触れて凍り、霧氷は成長していきます。快晴の中、摩周で朝陽と霧氷が見られるということは、木々が風雪に耐え抜いた姿なのです。 その姿を見るために、降雪後の日の出前、夜空で星がまだ瞬く...
スポンサーリンク
×
タイトルとURLをコピーしました