2020-06

日記 - Diary -

【日記】6月30日:エゾシカの子どもが見られました

この時期になるとエゾシカの群れの中では子どもも一緒に見られるようになってきます。大きなエゾシカは冬毛から生え変わるのに時間がかかるので、暑いのにまだ夏毛になり切れていない個体などもいますが、生まれたばかりの子どもは背中の斑紋がきれいなんですよね。この後はどんな風に育っていくのか、いつかそんな姿を追いかけ続けられる機会があったらいいなぁなんて思いながら、静かに観察しているのでした。
日記 - Diary -

【日記】6月29日:ハシブトガラの親子が飛び回っていました

鳥たちの巣立ちラッシュが続いています。和琴半島を歩いていると、頭上にオオアカゲラが飛んできたなと思っていたら、巣立ったばかりの子どもが後を付いてきたり、ハシブトガラが飛んできたなと思っていたら、飛ぶ練習をしている子どもにまだ親が餌を運んでいる姿を見れたり。どちらもすぐに別の場所へと移っていきましたが、微笑ましい姿を観察することができました。でも近くにはトビやカラスもいるので、一種に目を向けすぎても...
日記 - Diary -

【日記】6月28日:ハクセキレイが飛び回っていました

屈斜路湖畔にある観光地として整備されていない場所にマリゴケ浜と呼ばれている場所があり訪れてきました。フィールドの様子を見に行ってきただけなのですが、ちょうど巣立ったばかりのハクセキレイの子どもたちが飛び回っている姿を見ることができました。親にくっついて一生懸命虫などの食べ物を探している姿は可愛らしかったですね。もうほとんど見た目は変わらず、親も子も撮影していたので、この写真はどっちだったか分からな...
日記 - Diary -

【日記】6月27日:カワアイサの親子が湖面を泳いでいました

今日も天気が芳しくなくて、家の回りで何かないかなぁと探していると、屈斜路湖面遠くに泳いでいる水鳥がいます。望遠レンズを向けてみると、そこにはカワアイサの親子がゆったりと、泳いでは水中にもぐって魚探してを繰り返していました。そのうち親が移動し始めると子どもたちもチョコチョコとその後をついてさらに遠くへ行ってしまいました。
日記 - Diary -

【日記】6月26日:キジバトが近くに来てくれました

意外とキジバトは警戒心が強くて、小鳥たちよりもよっぽど近寄くのが難しい鳥の印象があります。そんなキジバトが家の窓から見える位置に舞い降りて来て、ヒトリシズカの実をついばんでいる姿を見せてくれました。森の中で薄暗い時間でもあったので。贅沢を言えばもう少し家に近づいてきて欲しかったですが、それでもこうして姿を見せてくれたのは良かったですね。
日記 - Diary -

【日記】6月25日:藻琴山へもう一度お花を見にいきました

昨日は全然足元のお花を撮影できなかったので、もう一度お花を見に藻琴山へ行ってきました。今日は昨日よりも霧が深くて一切景色は見えませんでした。お花畑になっているわけではありませんが、けな気に咲くお花たちは可愛らしいですね。ちょうどチシマフウロとゴゼンタチバナが一緒に咲いているところがあって、なんだか自身のかわいらしさを自慢し合っているように見えました。
日記 - Diary -

【日記】6月24日:藻琴山から一瞬、空が見えました

雨は降らないですが、ほんとずっと天気が芳しくない日が続いています。そんななか藻琴山を歩いてきました。ハイランド小清水からだけではなく、一周回るルートを行きましたが、まぁダニの多いこと。そして案の定頂上は霧で何も見えませんでしたが、途中一瞬だけ霧が晴れて空が見えた時は、とても不思議な雲と青空が広がっていました。足元のお花も見ることができましたし、景色は見えませんでしたが、十分に楽しめました。
日記 - Diary -

【日記】6月23日:アオサギが沼地で休んでいました

屈斜路湖畔を車で走っていると、沼地で目の端にアオサギが映ったので、少しだけ車を停めて観察させてもらいました。なんだか最近こういうの多い気がします。アオサギは用心深くて結構離れているのですが、何かの気配を感じるとすぐに逃げていってしまいます。でも今回は車だったこともあり、少しの間逃げずにその姿を見せてくれました。ちょうど手前の沼地に姿が映りこんでいる姿が印象的でしたね。
日記 - Diary -

【日記】6月22日:タンチョウの親子が畑をついばんでいました

用事があって釧路へ行った帰り道、道路から見える畑の中でタンチョウの親子が仲良く畑をついばみながら歩いている様子を見ることができました。農家さんからしたら迷惑な行為そのものなのでしょうが、それでもこうやって生き物たちの姿を見ることができることって素敵なことだと思います。ヒナにはすくすくと育ってもらいたいですね。
日記 - Diary -

【日記】6月21日:夏至の部分日食が見られました

1日曇りの予報だったので、部分日食は難しいかもと思っていました。でもお昼を過ぎた辺りから、雲間ができ始めたので、一部の希望を胸に雲間から差し込んできている光めがけて移動していきました。すると、うす雲の向こうに太陽の影が見えました。正直十分に減光するためのレンズなど無かったので、うす雲が入ってくれていなければ、部分日食を見ることも撮影することもできなかったでしょう。雲はどんどんと動いていき、雲間を移...
日記 - Diary -

【日記】6月20日:勘違いした葉が黄葉していました

6月も下旬に入ってからというものずっと天気が芳しくなく肌寒い日が続いています。なので、今日も家の近くで何かないかなと差がしていたら、ハウチワカエデの一部だけですが、勘違いして色づいた葉が何枚も落ちているのを見つけました。なんだか標高の低いうんかい雲がずっと上空を停滞してしまっているのですが、そのせいで昼間と夜の寒暖差もあまり無いので、早朝雲海にもならず、どんよりした日々が続いています。
日記 - Diary -

【日記】6月19日:マガモが見られました

屈斜路湖畔線を車で走っていたら、沼地で目の端にマガモが映ったので、少しだけ車を停めて観察させてもらいました。雄雌でいましたが、近くにヒナはいなかったので、子育てに失敗してしまったカップルだったのか、それとももう子育てを終えた後だったのか、2羽で沼地をウロウロしていましたね。
日記 - Diary -

【日記】6月18日:キセキレイを見ることができました

今までもいたのかどうか全く気付くことができなかったのですが、イソツツジの様子を見にくると、硫黄山麓噴気孔付近でほぼ毎回キセキレイが見られます。観光で来ている人が例年よりも少ないからか、岩場のどこかで営巣しているのか、何羽かが飛んでいる姿を見ることができます。夏の間ずっといるのか、これからも時間があるときには注意してみたいと思います。
日記 - Diary -

【日記】6月17日:サワシバの果穂が垂れ下がっています

雨が降ったりやんだりと芳しくない天気なので、遠出はせず家の近くで何かないかなと探していると、屈斜路湖畔ではサワシバがよく生えていますが、その果穂が垂れ下がっていました。松かさのように固くは無いので、重なり合った鱗片を剥くと、中にゴマ粒みたいな種が入っています。夏の終わりころには茶色になっていきます。
日記 - Diary -

【日記】6月16日:アオサギが湖畔で休んでいました

日中は釧路に行っていたので、いつから雨が降り始めたのか分からないですが、予報通りに雨が降りました。そんな中、屈斜路湖畔ではアオサギが休んでいました。どの鳥も子育て真っ最中だと思いますが、あのアオサギも子どもの為の魚を探していたのかな。警戒心が強くてなかなか近くで見ることができないのですが、いつか間近で見られる機会があったらいいな。
日記 - Diary -

【日記】6月15日:若いエゾシカがいました

シカの群れの中に若いエゾシカもいました。この群れではオスもメスも一緒に行動していて、この時期には珍しいなぁと思いながら彼らを見ていました。車をゆっくり停めた時はまだ警戒していましたが、逃げずに水飲んだりしてくれていたのですが、別の車がシカに気づいて急停車したら一気に逃げてしまい、さらに車から出てきてしまったので、全然戻ってきてくれる気配がありませんでした。自分も初めてのときはそうだったので何も言え...
日記 - Diary -

【日記】6月14日:つつじヶ原の川湯側もイソツツジが咲き始めました

つつじヶ原自然探勝路沿いのイソツツジもだいぶ咲いてきました。8部咲きくらいでしょうか。まだつぼみの物もありますが、今年はやはり雪が少なくて、雪上に出ていた部分が枯れてしまっていてもう咲かないのではないかと思っています。それでも大丈夫な箇所ではイソツツジがきれいに咲いています。明日から雨の予報なのですが、後一週間くらいは保ってほしいですね。
日記 - Diary -

【日記】6月13日:久しぶりに天の川を見ました

久しぶりに月も無く、星空がきれいに見られました。ただ、遠出はせずに湖畔で夜空を見ていたら、以外とうす雲が外輪山に広がっていたので、上空に流れている天の川だけを撮影しました。ただ、木々の間の真ん中に流れてくれていたらよかったのですが、立ち位置変えても真ん中に来ませんでした。でもとりあえずとても久しぶりに夏の大三角が見られたので良かったです。
日記 - Diary -

【日記】6月12日:小清水原生花園でもセイヨウオオマルハナバチがいました

美幌で見かけたセイヨウオオマルハナバチですが、小清水でも見かけました。すでに摩周・屈斜路まで来ていると言われていますが、まだあまり見かけないので、見つけると思わず撮影してしまいます。すごい昆虫好きというわけではなく、あまり他のマルハナバチを撮影しようと思えないので、この大きさとオレンジと、黒と白の色合いが分かりやすいんでしょうね。確かにマルハナバチの見分けができるように、これからは良く見られる種類...
日記 - Diary -

【日記】6月11日:クモが空中散歩していました

先日同様いつかどこかで発表できたらいいなという撮影していたので、日記用の写真がまた夕方になってしまい、目の前に広がる屈斜路湖を眺めていました。ただすでにうんかい雲が立ち込めていて、あまり夕陽がきれいではなかったので、辺りを見回していたら、ミズナラの葉と葉の間を浮かぶように雲が糸を頼りに歩いていました。まるで空中散歩みたいだなと思って屈斜路湖をバックに撮影してみました。この時期はとても多くこういうク...
日記 - Diary -

【日記】6月10日:イソツツジの開花が噴気孔から少しずつ広がってきました

先日噴気孔真横が見ごろを迎えていましたが、そこから少し離れたレストハウス裏のイソツツジが見ごろを迎えています。後数日で満開ではないでしょうか。そしてつつじヶ原探勝路沿いのイソツツジも咲き始めています。ただ、咲きがいい場所と花が咲かない場所が結構くっきりと分かれそうな雰囲気を醸し出しています。咲きの具合はまたその時に見極められたらいいなと思っています。
日記 - Diary -

【日記】6月9日:波や雲がゆらゆらと揺らいでいました

普段あまり長秒露光しないのですが、夕方までいつかどこかで発表できたらいいなという写真を撮影していて、その他の写真を撮れなかったので、太陽が沈んでかろうじて残照が残っている中、さざ波に、雲がゆっくり流れていたので、長秒露光で撮影してみました。こういうしっとりした絵もたまにはいいですね。
日記 - Diary -

【日記】6月8日:イタヤカエデの種ができ始めていました

ついこの間まで花が咲いていたイタヤカエデですでに種ができ始めていました。5月末から手安定な天候が続いていて、晴れたら真夏日になり、いきなり雷雨になったりしています。そのためか、どの植物も花を咲かせても一気に季節が移っているような気がします。種はもう少し大きくなったら真ん中で分かれてくるくると飛んでいきます。もう少ししたらまた種は撮影しておきたいと思います。
日記 - Diary -

【日記】6月7日:夕方一瞬だけ太陽が見えました

一日あまり天気は良くなかったですが、夕方日が沈む直前の一瞬だけ太陽が顔を出してくれました。低地では新緑もだいぶ落ち着いてきて、これから深緑になっていくでしょう。すると、こうして太陽の光で透かしていくことができなくなっていきます。そろそろイタヤカエデは種ができているころなので、明日はそれを写真に収めておきたいと思っています。
日記 - Diary -

【日記】6月6日:硫黄山噴気孔近くの花がいい感じです

硫黄山噴気孔近くのイソツツジの花がいい感じに咲いてきました。最近は天候がとても不安定で、予報に無かった雨が急に降ってきたり、雷が鳴ったりと、なかなか出かけづらい天気ですが、お花たちは着実に季節を進めています。花は一気に咲き乱れていくので、タイミングを間違えるともう見ごろを過ぎてしまったり、逆に早すぎたりするので、難しいです。ちなみに噴気孔近くの花の状態はよくて、ぼんぼりも大きめな気がします。全体が...
日記 - Diary -

【日記】6月5日:エゾハルゼミが鳴いていました

暑い日が続くと、続々とエゾハルゼミが鳴き始めています。20℃を越えると鳴き始めるので、鳴き声が聞こえ始めると気温が上がってきたなというのを知ることができます。逆に鳴かなくなったら20度を下回ったのが分かります。高い木しかないと、近くであまり鳴いてくれないのですが、低い木しかないところだと、目線の近くで鳴いてくれるので、見ることができました。
日記 - Diary -

【日記】6月4日:小清水原生花園では花が咲き始めていました

まだだろうなと思いつつ天気も良かったので、小清水原生花園まで花の咲き具合を見に行ってきました。エゾキスゲが咲き始めていましたがまだまだでしたね。ただクロユリは咲いてて、ハエが飛び回っている姿を見ることができました。そのまま砂浜で休んでいたのですが雲がいい感じだったので、少しだけ海に足をつけて写真を撮影していました。ただ、さすがオホーツク海。ものの1分くらいで足はキンキンに冷えてしまいましたね。とて...
日記 - Diary -

【日記】6月3日:藻琴山でも桜が咲いていました

昨日津別峠で桜が見られたので、藻琴山でも見られるはずだと思って登ってきました。北斜面にある桜はまだ咲いていませんでしたが、頂上付近の桜はやはり咲いていました。早朝は屈斜路カルデラ内部では雲海になっていたので、桜と雲海のセットを見ることができました。山の上では意外とすぐに葉桜になるか、散ってしまうことが多いので、このタイミングで来られてよかったです 。
日記 - Diary -

【日記】6月2日:峠では桜が咲いていました

予報では雨でしたが、雨はほとんど降ることなく、夕方には津別峠で雲海になっていました。その景色を見にいくと道端に桜がありますが、その花が咲いていました。ちょうど夕陽が当たっていたので、昼間とは違った雰囲気を出してくれていました。雲海もきれいでしたが、こういう何気無い風景もいいなと思いました。
日記 - Diary -

【日記】6月1日:摩周ブルーがとてもきれいでした

夏至がだんだん近づいてきたので、晴れた日の摩周湖の摩周ブルーがだいぶ青くなってきました。摩周ブルーは季節によってその青さが違って見えます。そのため、僕はこの夏至前後の真っ青な摩周ブルーが好きです。今日も天気はよくて暑かったですが、風が吹いていたので、ここ数日の中では一番過ごしやすかったです。明日は雨が降りそうなので、何をしようか迷いますね。
特集 - Specials -

【特集】摩周・屈斜路カルデラの雲海

周囲を海に囲まれている日本は山間や盆地など様々な場所で雲海が見られる国であると言えます。そしてその発生条件などを押さえておけば雲海の有名どころではなくても、意外と身近な場所でポイントを見つけることができるかもしれません。摩周・屈斜路エリアも例外ではなく春~秋にかけて雲海が発生することが多くなる場所の一つですが、その条件を見て様々な場所でトライしてみてくださいね。 そもそも霧と雲海の違い 雲も含...
今月の一冊 - Nature Books -

【今月の一冊】「センス・オブ・ワンダー」

レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」は、自然環境に興味がある人であればほとんどの人が知る著書だと思いますが、“自然と触れ合う”ということの原点に立ち直れる一冊でもあると思っています。描かれているフィールドが彼女の出身地であるアメリカのメイン州なのですが、北海道と緯度がほぼ同じで登場する植物が似通っている部分もあり、道東の自然が好きな方はより身近に感じながら読むことができる本でもあります...
先月の一枚 - Moment Last Month-

【5月の一枚】キタコブシ:夕陽をバックに映える白い花

5月のある日、夕方窓の外を見るときれいな夕陽が屈斜路湖に傾き始めていました。外の空気でも吸いに行こうと外に出て歩いていると、ふいに「見るなら今だよ。」と咲き始めたキタコブシの花に呼び止められました。薄暗くなっていく周囲の中、ひと際その白い花が浮かび上がり、沈んでいく夕陽に照らされて魅惑のオーラを放っています。コブシの花は1週間強の間きれいに咲いてくれるので夕陽の方を見ようかなとも思いましたが、呼び...
6月 - June -

【6月の見どころ】アトサヌプリ(硫黄山)麓のイソツツジの開花

6月に入ると気になるのは、アトサヌプリ(硫黄山)麓に広がるイソツツジ群落の開花状況です。例年20日前後が見ごろだと言われているイソツツジですが、山麓と言ってもおよそ100haにも及ぶ広さだと言われており、場所によって開花状況は多少異なります。毎年数日の誤差はありますが、それらを開花していく順番に見ていきたいと思います。 5月末から6月頭:硫黄山麓噴気孔付近 硫黄山麓には駐車場がありレス...
生き物たちの気配 - Wildlife -

【生き物たちの気配】蛹から成虫になるエゾシロチョウ※虫嫌いな方は閲覧注意

暖かくなってくると、昆虫たちが次々と動き出します。昆虫は種類が多すぎて深堀りしていけずにいますが、それでも気になった昆虫くらいは少しづつ観察するようにしています。今回はそのなかでもよくモンシロチョウと間違えられる紋の無いエゾシロチョウを見てみたいと思います。 とある暖かな初夏の昼下がり。外を歩いていると、公園の中の低木の回りをたくさんの蝶が飛んでいるのを見かけました。何だろうと近寄ってみると...
メープル物語 - Maple story -

【メープル物語】最後に瓶に注ぎ込む時、もう一度こす行程を追加

今年のメープルシロップ作り中、瓶詰めをしていく作業に1つ行程を追加しました。 それがもう一度こすことです。1度目はシロップができたばかりのときにシュガーサンドを取るためにこし布でこしました。昨年のトライアルではここまでやったら、後は瓶にそのままシロップを注ぎ込んでいました。 しかし、今年販売するにあたり、始めに出来上がったシロップを光に透かして瓶を覗きながら検品していたところ、ホコリが...
フリートーク - Free Talk -

【フリートーク】ガイドや仕事に対する考え方

ガイド業だけではなく、観光業全般に言えることなのですが、北海道観光は1年を通すと、1,2月に小型の波が来て、3,4,5月はさざ波が揺らぎ、6,7,8月に大型の波が迫ってきたぁと思っていたら、9,10月に波が小さくなっていき、11,12月にはまたさざ波が揺らぎます。分かりやすいサイクルなので、売り上られる時に売り上げて、後はのんびりするというのが、観光業の通説となっています。しかし、私は別に夏に1年...
私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【私の心に残る風景】摩周・屈斜路カルデラ外輪山で見られる季節外れの霧氷

摩周・屈斜路カルデラの外輪山では、冬に見られる現象として取り上げられることの多い霧氷ですが、条件がそろえば冬以外の季節でも霧氷を見ることができます。なかでも、花や葉が芽吹く6月上旬に霧氷になると、冬に見られる霧氷景色とは全然違う姿を楽しむことができます。今回はそんな寒い初夏の様子をご紹介します。 そもそも初夏の外輪山で霧氷ができるには、私の中では3つの条件が必要だと思っています。1つ...
コラム - Column -

【コラム】ガイド事業者主催のガイドについて

自然ガイドには事業者が主催してガイドをするか、他社が主催するツアーでガイドを頼まれるかの2パターンがあるとお話しましたが、今回はガイド事業者ができること、できないことを、宿泊や交通の有無などを交えてお話したいと思います。 ガイド事業を始める場合、始めから多くの規制があるので注意が必要です。まず、ガイド事業者は最寄りの駅や宿泊施設などからの無料送迎を除き、交通を提供することができません。タクシ...
残したい自然探訪 - Listed Nature -

【残したい自然探訪】弟子屈町の花:イソツツジ

道東では、標高1000m過ぎくらいまで山を登っていくと見ることができるのがイソツツジです。高山性の植物ではあるのですが、弟子屈町では「弟子屈町の花」としてイソツツジは認定されています。それは、アトサヌプリ(硫黄山)麓という特殊な環境下において、標高およそ150mでイソツツジの大群落が広がり、町民や観光客含め気軽に親しむことができることが理由に挙げられるでしょう。6月の開花の時期に最も多くの方が訪れ...
自然散策のススメ - Nature Watching -

【自然散策のススメ】自然を見続けること

今まさに目の前にある自然をその背景含めて楽しむことができるようになってきたら、まずは興味があるものや出たもので構わないので、その自然を見続けることをしてみるといいのではないかと思っています。日々自然は移り変わっていくものです。 私たちはどれだけ情報社会になってきたからといっても、次々と変化していく目の前に出会うことができた新しい事象を、自然の中ではすぐにその場で知ることができません。 ...
モノクロの世界 - Monochrome -

【モノクロの世界】Birch Highland

昔の阿寒国立公園の写真集で、つつじヶ原周辺のシラカンバ林を白樺高原として紹介されているのを見たことがあります。その写真を見てからつつじヶ原でシラカンバを見ると雰囲気いいなぁと思えるようになりました。ただここのシラカンバはある程度まで成長すると、とある年に一斉に立ち枯れるという写真も見たことがありますし、本州と違いそこら中に自生しているため、白樺高原を大々的にPRしていこうとなれないのが残念なところ...
スポンサーリンク
×
タイトルとURLをコピーしました