Lake Kussharo

私の心に残る風景 - Memorable Scenery -

【私の心に残る風景】上空から見る摩周湖・屈斜路湖

ここ数年、町内では摩周湖や屈斜路湖上空をヘリコプターで飛行する遊覧飛行が夏休みの間の期間限定で行われています。上空から見ると、摩周屈斜路の火山と森と湖の様子がよく分かるので、数年に一度セスナやヘリコプターに乗って近隣の空を飛びます。近年ではドローンを使用しての空撮が流行っていますが、記録や映像表現としてはいいと思いますが、私はどうしても自分の目で見たいので、空撮も基本的には自分が飛びます。夏のヘリ...
8月 - August -

【8月の見どころ】和琴半島で鳴くミンミンゼミ

ミーンミンミンミン・・7月末に気温が高くなってくると、和琴半島ではミンミンゼミが鳴き始めます。和琴半島はミンミンゼミの北限地とされ国の天然記念物として指定されています。 たまに、台風などが来ると風に乗って半島から少し離れた場所でも鳴いていることがありますが、道東では和琴半島でしかミンミンゼミは鳴きません。そのため近隣では和琴に行かないと本物のミンミンゼミの声を聞くことができません。に...
阿寒摩周国立公園 - Akan Mashu National Park -

【阿寒摩周国立公園】散策路:和琴半島自然探勝路

周囲58キロもある屈斜路湖ですが、唯一散策路が整備されている場所が和琴半島です。半島を1周するように2.5キロほど歩くことができ、短い散策路ですが特徴的な自然がギュッと詰まっています。時計回りでも半時計回りでも歩くことができますが、ここでは時計回りで見られるものを順に紹介していきます。 1周約60分 距離2,500m 標高差約20m 駐車場から散策路入口まで約300m 湿地 駐車...
日記 - Diary -

【日記】7月23日:赤くなってしまった葉が落ちていました

まだまだ深い緑に覆われているこの暑い中、時々赤くなってしまった葉を見かけます。そんな紅葉が今日は湖畔際に落ちていて、まだまだ秋は先なのだけれど、天気が良くないことも相まり、とても哀愁漂う雰囲気でした。でもまだ夏、という不思議な感覚です。
日記 - Diary -

【日記】7月19日:屈斜路湖畔から見る夕陽がきれいでした

ここ数日、昼間の天気が嘘みたいに夕方になると曇ってきたので、全然夕陽を見ることができませんでしたが、今日はきれいな夕陽を見ることができました。湖畔の砂地に付いたエゾシカの足跡が印象的だったので、夕陽と絡めて撮影してみました。シカが昼間にここを歩いている姿は全然見かけないので、きっと夜歩いているのですよね。そして、夕陽が見えたのも束の間、夜になるとやはり霧に包まれ夜空は見られなくなっていきました。
日記 - Diary -

【日記】7月11日:1日ずっと曇りでした

天気がいい日がほんと全然続きません。昨日の晴れが嘘のように今日は曇り。どんよりと標高の低い雲に覆われてしまっていました。きっと摩周湖は一日その姿を見せてはくれていなかったのではないでしょうか。午後から北風だったので気温も上がっておらず、こんなに標高の低い雲が分厚いと、明日は雲海にはならないんじゃないかな。明日もどんよりした曇りの日になりそうですし、週末なので人も動くだろうし、どこへ行こうか迷います...
日記 - Diary -

【日記】7月5日:藻琴峠からきれいな屈斜路湖と青空が見られました

家から出発したときは摩周ブルーでも見に摩周湖に行こうと思っていたのですが、屈斜路湖上空にいい雲が広がっていたので、景色につられて藻琴峠へと進路を変更。そこでは屈斜路湖と青空にきれいな雲が広がるという風景を見ることができました。ただ、風も弱かったので、きっとミラーレイクになっていたであろう摩周湖とは違い、屈斜路湖は大きな湖のためなかなか全面が波立たずに上空に雲が広がる機会が無く、今日も完全なミラーレ...
日記 - Diary -

【日記】6月24日:藻琴山から一瞬、空が見えました

雨は降らないですが、ほんとずっと天気が芳しくない日が続いています。そんななか藻琴山を歩いてきました。ハイランド小清水からだけではなく、一周回るルートを行きましたが、まぁダニの多いこと。そして案の定頂上は霧で何も見えませんでしたが、途中一瞬だけ霧が晴れて空が見えた時は、とても不思議な雲と青空が広がっていました。足元のお花も見ることができましたし、景色は見えませんでしたが、十分に楽しめました。
日記 - Diary -

【日記】6月11日:クモが空中散歩していました

先日同様いつかどこかで発表できたらいいなという撮影していたので、日記用の写真がまた夕方になってしまい、目の前に広がる屈斜路湖を眺めていました。ただすでにうんかい雲が立ち込めていて、あまり夕陽がきれいではなかったので、辺りを見回していたら、ミズナラの葉と葉の間を浮かぶように雲が糸を頼りに歩いていました。まるで空中散歩みたいだなと思って屈斜路湖をバックに撮影してみました。この時期はとても多くこういうク...
日記 - Diary -

【日記】6月9日:波や雲がゆらゆらと揺らいでいました

普段あまり長秒露光しないのですが、夕方までいつかどこかで発表できたらいいなという写真を撮影していて、その他の写真を撮れなかったので、太陽が沈んでかろうじて残照が残っている中、さざ波に、雲がゆっくり流れていたので、長秒露光で撮影してみました。こういうしっとりした絵もたまにはいいですね。
日記 - Diary -

【日記】6月8日:イタヤカエデの種ができ始めていました

ついこの間まで花が咲いていたイタヤカエデですでに種ができ始めていました。5月末から手安定な天候が続いていて、晴れたら真夏日になり、いきなり雷雨になったりしています。そのためか、どの植物も花を咲かせても一気に季節が移っているような気がします。種はもう少し大きくなったら真ん中で分かれてくるくると飛んでいきます。もう少ししたらまた種は撮影しておきたいと思います。
日記 - Diary -

【日記】6月7日:夕方一瞬だけ太陽が見えました

一日あまり天気は良くなかったですが、夕方日が沈む直前の一瞬だけ太陽が顔を出してくれました。低地では新緑もだいぶ落ち着いてきて、これから深緑になっていくでしょう。すると、こうして太陽の光で透かしていくことができなくなっていきます。そろそろイタヤカエデは種ができているころなので、明日はそれを写真に収めておきたいと思っています。
先月の一枚 - Moment Last Month-

【5月の一枚】キタコブシ:夕陽をバックに映える白い花

5月のある日、夕方窓の外を見るときれいな夕陽が屈斜路湖に傾き始めていました。外の空気でも吸いに行こうと外に出て歩いていると、ふいに「見るなら今だよ。」と咲き始めたキタコブシの花に呼び止められました。薄暗くなっていく周囲の中、ひと際その白い花が浮かび上がり、沈んでいく夕陽に照らされて魅惑のオーラを放っています。コブシの花は1週間強の間きれいに咲いてくれるので夕陽の方を見ようかなとも思いましたが、呼び...
日記 - Diary -

【日記】5月30日:屈斜路湖の夕陽がきれいでした

気温が30度を超える暑さになってしまいました。天気も良くてとにかく日差しでとろけてしまうようでした。そのまま夕方には太陽が沈んでいく様子を見ることができ、一気に気温も下がってきましたが、それでもまだ暑いくらいで、窓を開けたまま寝られるほどでした。多分数日したらまた涼しくなると思いますが、まだまだ暑い日が続きそうです。
日記 - Diary -

【日記】5月19日:桜は散り始めています

屈斜路湖畔の桜はまだ見られるものの、だいぶ散ってきています。夕方沈んでいく夕陽を湖畔で見ていたら、ハラハラと桜の花びらが水際に落ちてきて、なんだか春の終わりをしんみりと感じさせてくれる雰囲気となりました。これから桜の開花の標高が上がっていくので、摩周や藻琴周辺まで来たらまた桜巡りをしたいと思っています。ただその他にも撮影したいものもあるので、全部できるかなぁ…
日記 - Diary -

【日記】夕方一瞬晴れ間が見えたらオオハクチョウが浮かんでいました

昨晩から降り始めた雨が今日も一日夕方まで降っていました。太陽が沈むころ少しだけ日が差し込んできてくれたので、屈斜路湖畔にいると、南風がいつの間にか北風になって冷たい風が吹いていました。すると、湖畔際を泳いでるオオハクチョウの1家族がまだ屈斜路湖にいましたね。最近天気が安定していないこともあるかもしれませんし、どこかで餌をもらってしまっているのかもしれませんが、帰るタイミングを逸せずにいてほしいです...
日記 - Diary -

【日記】朝起きたら一面雪景色でオオハクチョウがまだいました

昨晩から降り続いて雪が外を一面真っ白に染め上げていました。ただ、日の出とともに太陽が見えていたので、どんどんと雪は融けていきます。そんな中、いきなり雪景色になってしまったからか、まだ辺りをウロウロしているハクチョウが湖畔で休んでいました。きっと畑をついばんでいるのでしょう。顔に泥を付けながらゆったりと湖面に浮かんでいました。そろそろオオハクチョウを見られるのも最後かもしれませんね。
日記 - Diary -

【日記】コガモが飛んでいました

今日も目の前の屈斜路湖ですね。今まであまり水鳥に注目することがありませんでしたが、この機会に見てみようと最近は湖畔に立つと水鳥をさがすようにしています。ただ湖が広いので、湖畔に立ったときに水鳥を見られるかは完全に運次第ですね。でも最近の傾向だと、強風の日で無ければ夕方になると何かしらが目の前の湖畔にいる気がします。今日はちょうどコガモが湖畔に飛んでくる様子を見ることができました。
日記 - Diary -

【日記】しとしと雨の中マガモが飛んでいました

今月はやはりあまり天気が芳しくありません。強くはないものの、前日まで全く予報に無かった雨が降ってきたりしています。そんなしとしとと雨が降る中、夕方まだ日が沈む前の時間にも関わらず厚い雲に覆われた暗い湖上を飛んでいく姿を見かけました。最近は買い物に行くときにどこかへ寄ってくる以外、外出しないようにしているので、屈斜路湖ばかりです。
日記 - Diary -

【日記】夕陽の回りに日輪が出ていました

昨日のように沈んでいく夕陽を見ていると、薄っすらと日傘が出ていました。昼間は外に出ていませんでしたが、窓から見える空には薄い雲がかかっていたので、昼間から日傘は見えていたのかもしれません。でも別に明日の天気予報は悪くないのですが、どうなるでしょうか。最近予報にない雨なり雪が降ってくるので、晴れてほしいですね。
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖上空が夕焼けていました

夕方天気が良かったので夕陽を見ていました。日が沈むまではあまり雲が無く夕焼けないかなぁと思っていたら、薄い雲が広がってくれて薄っすらと夕焼けていました。始めは鏡になっていた湖面も夕焼け途中で風が吹いてきて鏡ではなくなりました。どうしようかなと思っていた時、ふとここ数日湖畔をキツネが歩いていることを思い出したので、藪の中から湖畔を見れば動物の視線になれるのかなと、ササに横たわって湖を見てました。
日記 - Diary -

【日記】星空がきれいに見られました

今月は天気がいい日と悪い日が両極端ですね…。天気のいい夜は湖面が鏡になっていないかを確認するのですが、今晩も風は強めで湖面は揺らいでしまっていました。その代わり、沈んでいく宵の明星金星が明るいので、揺らいだ湖面に一筋の白い線となって、沖から足元まで伸びていました。屈斜路外輪山の向こうが街明かりで明るいので、とても見えずらかったのですが、多少冬サイドの天の川も見えて、いい夜でした。
日記 - Diary -

【日記】屈斜路上空は厚い雲に覆われていました

4月に入ってからすかっと晴れる日がとても少ない気がします。このエリアは南風や北風が強いとお昼ごろから大抵曇ってきてしまい、予報に無い雪や雨を降らせていきます。今日は雨は降りださなかったものの、夕方には今にも雨を降らせてしまいそうな雲が上空を漂っていました。明日もあまり天気は芳しくない予報です。暖房もなかなか切れないので、もう少し暖かくなってほしいですね。
日記 - Diary -

【日記】風が強く大きな雲が横切っていく一日でした

昨日の雪は朝はまだ残っていましたが、昨日の夕方が一番きれいでしたね。その後は、風が吹いてきて晴れ間が見えてきて、午前中には雪は無くなりました。風は強かったので、上空の雲が大きな塊となって次々と横切っていきました。屈斜路湖に差し込む光も雲に遮られたり広がったり、波も立っていたので、湖畔にいると肌寒いし少しせわしなかったですね。
日記 - Diary -

【日記】雪が少し積もりました

降り続けた雪が夕方には少し積もっていました。ただ夜には止んでいるので、明日の朝にはきれいな積雪ではなくなっているのではないでしょうか。屈斜路外輪山は霧に包まれていて、とても幻想的な景色を見せてくれました。最近湖畔をキツネが行き来しているのを見かけますが、ついさっき歩いたばかりであろう足跡が残っていました。
日記 - Diary -

【日記】また雪がぱらっと降りました

朝は晴れ間が広がって起こされた畑からけあらしがもこもとと上がっていましたが、午後になると今日も雪が一瞬ぱらっと降りました。にわか雪だったので、上空は雪が降っていましたが、遠くは雲が薄かったため、雲の合間から太陽の光は差し込んでいました。自分のいる場所は雪というかみぞれだったので、きっとどこかでは雨の場所もあったと思います。そこでは虹が出ていたかもしれませんね。
日記 - Diary -

【日記】ホオジロガモが泳いでいました

普段湖面の遠くのほうにいるため、なかなか近くで見ることができないのですが、今日は比較的湖畔近くを泳いでくれていたお陰で見ることができました。屈斜路外輪山には雲がぺっとり貼りついていて、夏の霧のようですが、気温は低いため雲海になり切れていません。そんな夏のような霧に覆われているなか、オオハクチョウの声は日に日に減ってきてはいるものの、オオハクチョウたちが湖面を漂っていると不思議な感じですね。
生き物たちの気配 - Wildlife -

【生き物たちの気配】とある小春日和に飛び回る4羽のクマゲラたち

冬の寒さも和らぎ、ストーブを焚かなくてもいい日が出てくる4月。別に冬の間もストーブは焚き続けているので、さほど体感温度は変わらないにも関わらず、布団から出てくるのが億劫になるのがこの季節。するとダラダラしたくなるのが私たちヒトですが、外では野鳥たちが待ってましたとばかりに飛び回り始めます。なかでも、とある小春日和の昼下がり、そもそもなかなか見られないクマゲラが出てきたと思ったら、なんと4羽のクマゲ...
残したい自然探訪 - Listed Nature -

【残したい自然探訪】弟子屈町の鳥:オオハクチョウ

10月の中旬。紅葉真っ盛りの時、北海道よりさらに北国から弟子屈町屈斜路湖に飛来してくるのがオオハクチョウです。湖で休憩し、さらに南に旅立っていく群れもあれば、冬の間、湖畔に滞在する群れもあります。そんな彼らは「弟子屈町の鳥」として認定されており、町民だけでなく観光で来られる多くの方に親しまれています。6ヵ月の滞在を終える4月の中旬ごろ、湖畔に立っていると、いつしか彼らの声は聞こえなくなり、寂しくも...
特集 - Specials -

【特集】屈斜路湖の御神渡り現象2019

屈斜路湖が凍り始めると、湖面の自然現象が見られるようになるサインです。結氷が浅瀬から始まり、凍ったり砕けたりを繰り返しながらも結氷が広がってくると、膨張収縮を繰り返す氷の奏でる音が響き渡ります。この独特な音が聞こえてくると、今冬はどんな景色に巡り合えるのかと心が躍り始めます。しぶき氷や寄せ氷、フロストフラワー、アイスバブル、霧氷など様々な冬景色を楽しむことができますが、その中でも、御神渡り現象は冬...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖の氷が大移動していました

昨日までコタン周辺を覆っていた氷たちが強い南風に押されて屈斜路湖の北岸へと流れ着いていました。雪が少なかったお陰で北岸の林道を進むことができたので、寄せられていた氷の群衆を見ることができました。結構広い範囲に氷が積み重なっているので、融けきる前に次の北風できっとまたコタン方面へと流れていくでしょう。昨年は屈斜路湖の解氷は先だったので、かなり早い湖明けになりそうですね。
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖上に日輪が出ていました

最近天気がいい日が続いていたので、久しぶりに日輪を見た気がします。いつも通り樹液を煮詰めていた時、たまたま空を仰ぐと太陽の回りに日輪が出ていました。この後天気でも悪くなるのかなと思いましたが、この後日輪は見られなくなって、その後天気は逆に回復していき、夕陽もきれいに見られていました。
日記 - Diary -

【日記】ヤドリギが目立つ色をしていました

ハンノキの花が咲いている傍らでヤドリギの緑色がとても目立っていました。ヤドリギが着いてしまうとその木か着いている枝は数年で枯れてしまうんですよね。この木は細いですし、数年後には枯れてしまうかもしれませんね。冬の間も見ていたはずですが、こんな青々していなかったのですが、ヤドリギって冬はどうなっているのだろう。と疑問に思い始めました。とても低い場所で育っているので、次回の冬にでも確認しに来てみたいなと...
日記 - Diary -

【日記】ホオジロガモが飛んでいました

今までも屈斜路湖面に浮かんでいるホオジロガモを見ることができていたのですが、なかなか近くで見ることができませんでした。でも今日は群れで目の前を飛んで行ってくれて、アップで見ることができました。ほんとにこういう出会いって一期一会だなと毎回思います。ただ突然だったので、カメラの設定が追い付いていなくて、納得の写真が撮れなかったのが残念でした。
日記 - Diary -

【日記】オオハクチョウからアホ毛が出ていました

だいぶ湖が明けてきたので、オオハクチョウたちの北上は始まっていると思いますが、まだ屈斜路湖にいる群れもいます。たまたま目の前に泳いできたオオハクチョウを見ていると、アホ毛が一本ちょこんと出ています。その毛が傾きかけた太陽の光を透かしていて、とても目立っていたので、なかなかこういう姿も見られないかなと撮影してみました。
日記 - Diary -

【日記】いい雰囲気の雲が上空を流れていました

最近ほんと全然出かけられていないので、屈斜路湖ばかりですが、それでも景色は日々違うので、飽きません。風は強かったのですが、上空を流れる雲がちょうどいい具合に空に散らばっていて、その先で夕陽が沈んで行く様子を眺めていました。まだ風は冷たいのですが、それでも少しずつ暖かくなっているのが実感できます。
日記 - Diary -

【日記】湖畔に寄せられていた氷は無くなりました

昨日、いつまであるかなぁなんて言っていたのに、案の定湖畔に寄せられていた氷は流されていってしまいました。今朝まで昨日同様にあったのですが、昼間の風でどんどんと流されていき、昼過ぎには全くなくなっていました。氷が無くなっていく瞬間ってアッという間なんですよね。まだコタン周辺は凍っていますが、あそこもいつまで残ってくれているのか。コタンの氷は最後釧路川へ流れ込んでいくのですが、その様子を見られたらいい...
日記 - Diary -

【日記】小雪が降っていました

雪の予報は無く予報は悪く無かったのですが、北風が強かったため、冬にある典型的な雪のパターン。暖かくなったり寒くなったりと、繰り返すのが堪えます。ただ、雪も積もることは無く地面を薄っすら白くする程度で、すぐに融けてくれました。湖畔に寄せられた氷はまだ残っていますが、いついなくなってしまうかな。風が強い日が続くと前の日まであったのに、朝には無くなっているなんてこともあります。
日記 - Diary -

【日記】フクジュソウが咲き始めています

すでにフクジュソウが咲き始めているとは聞いていたのですが、家の近くでもきれいに咲き始めていました。ここ数日天気もいいですし、早朝もすごい気温がガクンと下がっているわけではないので、花が傷んでいないのがいい感じでした。森の中でこの黄色を見つけると春だなぁと思わずにはいられないですね。ただ天気はいいので、太陽が出ているとぽかぽかしているように感じますが、実際は以外と10度くらいしか気温がないので、まだ...
日記 - Diary -

【日記】湖畔ではきれいに夕陽を見ることができました

気づくと最近、屈斜路湖畔の景色ばかりになってしまっています。昼間はメープルシロップ作るために家にいるので仕方ないですね…。シロップ作りはなかなか試行錯誤が終わりませんね。さて今日も湖畔の様子を。最近天気はいい日が続いているので、連日夕陽がとてもきれいに見えています。夕方の淡い光の中、波が揺らいでいる様子を見るのが好きなんですよね。
日記 - Diary -

【日記】星空が屈斜路湖面に映りこんでいました

星空がとてもきれいだったので、湖畔に立ってみると、風も無かったので星が湖面に映りこんでいる様子を見ることができました。屈斜路湖は広いので、多少の風でも湖面が揺らいでしまうため、なかなかここまできれいに映りこんでくれることがありません。ちょうどオリオン座や金星など明るい星が対岸上空に来ていたので、よりダイナミックに景色を見ることができました。
日記 - Diary -

【日記】湖畔では氷が寄せられていました

寒い朝は解氷した湖面に再度薄く氷が張り直されては砕けて融けますが、その際風で流されると湖畔に打ちあがってきます。薄い氷に太陽の光が反射している時に見られる可能性があるのが、氷の結晶です。普通にしているだけだと見ることができないのですが、偏光するサングラスをかけていると、氷が虹色に輝いている様子を見ることができます。湖面は空の雲を映し込んでいて、とてもきれいな景色を見ることができました。
日記 - Diary -

【日記】寒いとミニしぶき氷ができていました

屈斜路湖畔でもすでに解氷してしまった場所ではすでに波が立ったり凪いたりする姿を見ることができます。今日は寒くて風が強かったので、しぶき氷というか、つららというかができていました。沈んでいく夕陽に照らされて立ち上がる水しぶきがいい感じになっていました。ただ昼間の気温は暖かくなってきたものの、日が傾いている時分に風が強いと寒いですね…。
日記 - Diary -

【日記】だいぶ屈斜路湖の氷は融けてきました

屈斜路湖の氷は湖面半分ほどが融けてきてしまいました。見えてきた湖面を見ながら湖畔を走っていると、時々割れて漂流している氷の塊が浮かんで流れているのが見ました。まるで流氷みたいだなと思っていると、沖にある氷の中の一つの上で、オオハクチョウの家族が小休止しているではないですか。まだ解けていない氷の上にいたらどんどん漂流し始めたのか、浮かんでいる氷の上に泳いで行って乗ったのか。どちらにしろ面白い場面を見...
日記 - Diary -

【日記】春の大雨が降りました

雪が融けきる前の春の大雨は雪上を雨水が流れるため、あらぬ場所で水が流れたりします。夕方には一回小降りになりましたが、夜にはまた降ってきました。とりあえず湖畔は屈斜路湖が水を受け止めてくれています。数年前の春の大雨よりは雪も少ないし、雨の量も少なかったように思いますが、周辺はどうなっているのか気になります…。
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖畔の氷が融けてきました

数日前まで凍っていた屈斜路湖畔の氷はすでに融けてしまい、湖畔に乗り上げてしまっている氷から暖かな気温で水滴がぽたぽたと夕陽に照らされながら落ちていました。解け始めたのは湖畔だけで、まだまだ広範囲が凍っていますが、今年はいつまで残っているのか。多分、こういう時はまだ、風向きによって氷が流れては湖畔に寄せられてを繰り返し、日々景色が変化していくことが多いと思うので、それを期待したいなぁと思います。
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖の氷が早くも少しずつ緩んできました

全面結氷していない屈斜路湖で、最後に凍った氷が暖かな陽気に少しずつ緩み始め、氷が薄くなってきました。朝晩はまだ気温が低いので、昼間緩んだ氷はまた朝には凍るのですが、この瞬間の氷が醸し出してくれる雰囲気が好きなんですよね。すぐにでも砕けてしまいそうなのに、まだまだ春は早いと踏ん張る氷。それでも全面凍っていないので、今年の解氷はいつもよりも早いのかもしれません。
日記 - Diary -

【日記】雪舞う一日でした Snowing day

昨晩から降り始めた雪は今日大雪警報に変わり、釧路の方はだいぶ降っているようですが、屈斜路周辺では粉雪がハラハラとずっと舞い続ける程度です。ただ今晩も降り続ける予報なので、明日の朝は雪かき確定な気配がしています。この時期の雪は木々が樹液を吸い上げる元にもなるので、嬉しいのですが、重たいのが難点なんですよね…。道路が閉鎖されると帰って来られなくなってしまうので、屈斜路湖の様子だけ見てきました。写真だけ...
日記 - Diary -

【日記】静かな1日でした quiet day

カエデの樹液を一日中煮詰めていたので、自宅の回りだけウロウロしていました。そもそも3月になると訪問者が少なくなる時期なのに、さらに外出自粛で車もあまり通りません。ほんとに静かな時間が流れていました。明日は大雪の予報で、その後は昼間気温がプラスになっていく予報です。すると樹液がもっと出てくると思うので、忙しくなりそうです。 I was boiling maple water all day t...
日記 - Diary -

【日記】湖面をオオハクチョウが泳いでいました Floating Swans

かなり広範囲で屈斜路湖は湖面が見えてしまっています。この後もまだ朝は冷え込む予報ですが、これからまだ凍ってくれるのかって思えるほど、水ですね…オオハクチョウたちは泳げる範囲が広がっているので、沈む夕陽の中、静かに湖面を泳いでいました。こういう場面に立ち会えると嬉しくなりますね。 Almost half surface of Lake Kussharo is not frozen. I won...
日記 - Diary -

【日記】鳥たちが飛び回っていました great spotted wood pecker

気温は低いですが、太陽が出ていると空気感はもう春です。朝、暖かくなってきたころ、また森の中を歩き回っていた時、小鳥たちが森の中を飛び回っているタイミングに立ち会いました。ハシブトガラ、ヤマゲラ、オオアカゲラ、キバシリかな。を見ることができました。特にオオアカゲラは木をつつくのに夢中で、僕のことなんてお構いなしでした。ここまで近くに寄ってきてくれることはあまり無いので、楽しませていただきました。 ...
日記 - Diary -

【日記】湖畔の氷が寄せられていました Pressured Ice ridge

今日の昼間もとても暖かかったですね。朝晩の寒暖の差が激しいので、屈斜路湖の氷も膨張収縮を繰り返して、御神渡り現象ではないですが、湖畔の氷が寄せられて盛り上がっているところがありました。夕方からは天気も悪くなってきて、夜にはぱらっと雪が降っていました。明日はまた天気はいいようなので、こういう条件の日は、次の日霧氷ができていることが多いので、朝が楽しみですね。 It was warm again...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖の氷も少し広がりました Frozen lake is spreading

昨日までの寒さが嘘のように、昼間の気温がプラスを表示していました…。でもまだ朝は寒いので、屈斜路湖の氷も少し広がっているように思います。ただ、明日、明後日とまだ暖かくなる日が続くようなので、今年の屈斜路湖は全面結氷しないかもしれません。もう少しだけ様子を見ていたいと思います。 Suddenly the temperature in daytime became plus... althoug...
日記 - Diary -

【日記】月は明るいですね Moon is bright

一昨日、昨日ととても厳しかった天候とは打って変わって、穏やかな天気となってくれました。夜になると月も上がり始め、月明かりに照らされた森がとてもいい雰囲気を醸し出してくれていました。でもやはり天気がいいと、太陽が沈んでから気温が一気に下がるので、焚火から離れられなくなります。 It was very warm and quiet today very different from yester...
日記 - Diary -

【日記】朝から暴風が吹き荒れていました Strongly windy day

朝から暴風が吹き荒れていました。そんな中、美幌峠へ行ったり、和琴半島へ行ったり、屈斜路湖畔へ行ったりと、とにかく今季最も厳しい条件の中、色々と回ってきました。昨晩舞っていた雪をこの暴風が吹き飛ばしながら、普通では見られない景色を一日中見せてくれていました。明日は風も弱まり、天気も多少良くなる予報です。とにかく今日より条件が良くなってくれたらいいですね。 It has been so stro...
日記 - Diary -

【日記】氷が凍っては割れてを繰り返しています Lake continues to get frozen and broken

一度かなり広範囲まで凍った屈斜路湖ですが、続いた強風で半分以上湖面が見えるようになってしまいました。今でも凍っては割れてを繰り返しています。明日からはまた暴風が続く予報になっているので、きっとまた薄く張った氷は壊れてしまうのでしょう。果たして今年は全面結氷するのでしょうか。 Frozen surface of Lake Kussharo broadened once but the stro...
日記 - Diary -

【日記】藻琴山に登ってきました Mt. Mokoto Trail

昨日とは打って変わっていい天気でした。午前中は太陽もずっと出てくれていて、樹氷の森の中を歩くことができました。ただこういう日は午後一くらいから雪が降ってくるので、頂上付近に到着した時にはガスが入り始めていたものの、まだ屈斜路湖の全景を見下ろすことができました。その後、案の定雪が降り始めていましたが、それはそれで、きれいな雰囲気のダケカンバ林を歩いてくることができました。 It was so ...
日記 - Diary -

【日記】夕陽に屏風岩がシルエットとなっていました Sunset made Byoubuiwa silhouette

昨日登りきれなかった藻琴山へ再チャレンジしに行ってきました。今日は先客が来ていて、昨日の僕の足跡から続きがすでに伸びていてくれたので助かりました。午後から登り始めたのですが、なかなかこの時間にこの場所に立っていられることが無いので、普段とは違う景色を堪能することができました。今日は屈斜路湖も見えましたが、全面結氷まではまだ時間がかかりそうですね。 Because I couldn't fin...
日記 - Diary -

【日記】昨日より雪が降りました It snowed more than yesterday

昨日は大雪になるって言われていたのに、結局あまり荒れませんでした。その代わり、全然予報に無かったですが、今日のほうが雪が多かったです。昨日の雪はべちゃべちゃでしたが、今日の雪は 風も弱かったので、 もさもさの雪が枝先まで降り積もっていて、森がとてもいい雰囲気になっていました。それでもまだ雪は少なめですね。数日後にまた雪予報なので、もう少し積もってほしいですね。 It was said tha...
日記 - Diary -

【日記】そこまで雪は降りませんでした It didn’t snow much

もっと降り積もると思っていましたが、以外と積もりませんでした。その代わり、気温が高く雪がべちゃべちゃでとても重たい雪になってしまっていました。一日降り続ける予報でしたが、午後辺りからみぞれになってしまい、まだ降り続ける予報になってはいますが、明日の朝はどうなっているでしょうか。そして、強い風がさらに屈斜路湖の氷を壊していきます。 I thought it would snow much mo...
日記 - Diary -

【日記】夕方には天気が悪くなってきました weather became bad in the evening

明日は大雪になるということで、夕方には風が強く吹き始めて、空の雲が黒くもくもくとしていました。広がっていた結氷も日に日に壊れていっていて、まだ半分くらいは凍っていません。今晩から雪が降ってくる予報ですが、どのくらい積もってくれるでしょうか。楽しみですね。 Weather forecast says we will have a big snow tomorrow. So clouds was...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖の氷も広がって Ice of Lake Kussharo

晩秋に多かった強風も冬になると吹くことが少なくなり、今年はあまり屈斜路湖の寄せ氷が見られないまま、結氷がどんどん進んでいっています。昨日まで凍っていなかった場所でも結氷が見られるようになってきました。例年、藻琴山と中島の間が最後に凍り、全面結氷となります。ここ数日中は天気が荒れることも無さそうなので、このまま一気に行ってしまいそうな気もしますが、今年はいつになるでしょうか。楽しみですね。 I...
日記 - Diary -

【日記】雪がやっと降ってくれました It snowed finally

多少のまとまった雪がやっと降ってくれました。朝から夕方までもさもさと雪が降っていました。屈斜路湖の結氷もだいぶ広がってきた矢先の雪だったので、湖面は一面雪景色になってしまいました。そんな雪面の上をオオハクチョウが静かに佇んでいました。 It snowed finally. It was snowing from early morning until evening. Because it ...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖の氷が広がってきました Ice of Lake Kussharo broadens

ずっと晴れているので、日に日に屈斜路湖の氷が広がっています。風も全然強くないので、寄せ氷になることなく、氷が厚くなっているような気がします。明日の朝も冷え込む予報なので、さらに氷は広がって厚くなっていくでしょうから、今年はきれいな寄せ氷は見られないかもしれません。家の前では温泉が湧いているので、アイスバブルができていましたが、昼間になると湯壺になってしまうので、湖畔では注意して観察したいですね。 ...
日記 - Diary -

【日記】冬雲海が広がっていました Winter sea of clouds

今朝起きてみると、家の周りは真っ白で、ライブカメラを見てみると、上空は晴れているようだったので、久しぶりに美幌峠を訪れてきました。モコモコした雲海が広がっていましたね。ただ、上空には日傘が出ていて、これから天気が悪くなる空模様でした。午後からは案の定、分厚い雲に覆われて、チラチラと雪が降ってきました。 When I got up in this morning, my house was c...
日記 - Diary -

【日記】クマゲラが顔を出してくれました Black Wood Pecker

一晩で10センチ程度の雪が降ってくれました。まだまだ林床のササは頭を出したままなのですが、やっと一面が白くなってくれました。朝から除雪をしていると、遠くからクマゲラが近づいてくる鳴き声が聞こえました。するとすぐそこの木に止まって、 1時間くらいかな、周囲でずっと木をつついていました。 It snowed about 10cm from last night. Sasa has not bee...
日記 - Diary -

【日記】オオハクチョウは湖畔で休んでました Whooper Swans take rest

何だかまた風が強いですね。あまり天気がすぐれません。屈斜路湖畔を歩いていると、オオハクチョウが波から逃れるように湖畔で休んでいました。予報では雪は降らない予報でしたが、風が強かったからか、夕方から雪がチラチラと降ってきていました。多少積もってほしいですがどこまで降ってくれるでしょうか…。 It's windy again. The weather is not good. Whooper S...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖は波立っていました Lake Kussharo was waving

天気がいい日が続きすぎていて、全然雪が降ってくる気配がありません。スノーシューも全然始められないですし、ここまで降らないといきなりどこかでどかんと降ってきそうで怖いですが、ここまできたらどこかで降ってきてほしいですね。雪が無い分、今年は例年よりも寒いのかなぁ。そんな気もあまりしません。風が強い日も多いので、これからの結氷状況も気になりますね。 The weather keeps fine.....
日記 - Diary -

【日記】月明りが屈斜路湖を照らしていました Moon light Lake Kussharo

月がもう少しで沈みかけていましたが、風が強すぎず、弱すぎずのなか、湖面に月明りが揺らめいていました。写真だからこそなのですが、明かりの白い線が折り重なって白い筋となってくれました。空にはちょうど女満別から飛び立った飛行機の光が筋になってくれました。 Moon was about to go down. As wind was not too strong and too week, moon...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖畔が少し凍っていました Coast of Lake Kussharo little frozen

連日寒い日が続いているので、屈斜路湖畔でも浅い場所に氷が張っていました。氷が全体に広がっていくのはまだまだ先になりますが、これからどんどん氷が張っては割れてを繰り返していく様子が少し見られるようになっていくでしょう。ここまでくると今冬も氷丘脈ができるのか楽しみになってきますね。 Cold days continues and makes lake frozen at the shallow ...
日記 - Diary -

【日記】天気のいい日が続いています fine days continues

今年の積雪は本当に遅いです。薄っすらと白くなってはいますが、 全然雪が降らないため、全然雪が積もっていきません。 なかなかスノーシューを楽しむことができる状態になっていきません。 その代わり、連日きれいな夕陽が見えています。雪が多いのも困りますが、少なかったら少ないで少し寂しいですよね。 Snow coverage this year is very late. It snowed a li...
日記 - Diary -

【日記】雪が降ってくれました It snowed

今までぱらっと雪が降ってもすぐに融けてしまっていましたが、やっと多少積雪をしてくれました。今回は風も強かったので、地吹雪になってしまい、意外と雪は積もりませんでした…。それでも屈斜路湖はまだまだ凍っていないので、周囲が雪で白くなると、湖面の青さが際立ちます。 It hasn't snowed much this year but finally snowed today. However, ...
日記 - Diary -

【日記】風がまた強かったです Windy day again

先月できたしぶき氷が、一度は融けてしまいましたが、寒くて風が強いとまた成長し始めます。天気もよくてギラギラした太陽が外輪山に沈んでいきましたが、日も沈むとほのかな残照が波間に揺らめいて、いい雰囲気を醸し出していました。多分まだ天気が暑くなる日もあるでしょうから、また融けてしまうと思いますが、今月はいつ雪が降ってくれるでしょうか。 Splash ice from last month melt...
日記 - Diary -

【日記】強風がまた吹いていました Strong wind again…

今年の11月は本当に風が強い日が多いように思います…。なかでも今日が最も風が強かったです。白波というかもう大きい波が次から次へと湖畔を打つけていきます。さすがのオオハクチョウたちもこれは敵わないと首をすくめて湖畔でただじっと風に耐えていました。僕も目を空けていると勝手に涙が出てくるほどだったので、早々に退散してきました。 I think there are many windy days t...
日記 - Diary -

【日記】荒天の中でもハクチョウが浮かんでいました Whooper Swans in bad weather

強風ではなくなりましたが、雪が降る一日となりました。屈斜路湖も対岸が見えないほどの天気の中、オオハクチョウたちはいつも通り湖面に浮かんで食べ物を探していました。彼らは天気が悪いと何を思っているのでしょうか。いつか夏のオオハクチョウの様子も見に行けたらいいなと思うのですが、そんなチャンスがいつか巡ってきたらいいなぁ。 Strong wind till yesterday stopped but...
日記 - Diary -

【日記】強風でしぶき氷ができていました Splash ice by strong wind

今日もまた強風が吹き荒れていましたが、今シーズン初のしぶき氷がここ数日の強風によって出来上がっていました。いい形しています。ただ朝晩はグンと冷え込みますが、天気がいいと昼間は暖かくなる時があるので、風が収まった気温の高い日に、無くなってしまうでしょう。それでも、冬がやってくるのを期待せずにはいられませんね。 It was windy again today... But wind these...
日記 - Diary -

【日記】やっぱり強風が吹いてました Strong windy day again

やっぱり今日も風が強く吹いていました。でも昨日と違い晴れてきたので、少し暖かかったです。上空の雲はとても早く移動していきます。予報では明日もまだ風は強いようです。11月にここまで強風が吹いていると、なんだか今年は摩周湖が全面結氷しないんじゃないかなぁと思い始めましたが、さて、どうなるでしょうか。 It was windy again today, but as it was sunny, I...
日記 - Diary -

【日記】風が強く吹いています Strong windy day

1日ずっと強風が吹き続けていました。屈斜路湖畔では波しぶきがバシバシと上がって、外輪山ではぱらっと雪が降っていたのではないでしょうか。この時期は太陽が出ていないと寒いですし、風も強いので余計に寒く感じられます。明日も風は強い予報です。風が強いと家の中では隙間風が寒いんですよね…。 It was windy all day today. Lake surface was waving and ...
日記 - Diary -

【日記】ハシブトガラスが水浴びしてました Jungle Crow was bathing in the lake

湖畔を少し歩いていたら、ハシブトガラスの群れが湖畔で水浴びをしている風景を見ることができました。風もほとんど無くて、湖面は鏡のようになっていて、カラスたちが波紋を立てていました。遠くからお昼のサイレンが聞こえてきたと思ったら、急に風が吹き始めて湖面全体が波立ち始めました。すると、カラスたちもいなくなっていきました。お昼前の静かなひと時でした。 When I was walking along...
日記 - Diary -

【日記】オオハクチョウと蜃気楼と Whopper Swan and mirage

昨晩、ついに低地でもぱらっと雪が降ってきましたが、今朝の天候は安定していました。あまりくっきりと見られるわけではないですが、水温と気温の温度差でこの時期には屈斜路湖の対岸に下位蜃気楼だと思うのですが、を見ることができます。オオハクチョウもプカプカと湖面に浮かんでいて、静かに湖を見ることができるのがこの時期ならではですね。 It snowed last night but weather wa...
日記 - Diary -

【日記】山の上ではまた雪が降りました It snowed on the mountain again

先日の雪はすぐに融けてしまいましたが、山の上ではまた雪が降りました。山に雪が降って、順光で見ると、湖面がより青く見えます。屈斜路湖畔ではオオハクチョウがプカプカと浮かんでいますが、彼らは移り行く景色を見ながら、何を感じているのでしょうか。冬がどんどんと近づいてきますが、次の冬の雪はどの程度降るでしょうか。楽しみですね。 Snow few days ago already melt but i...
日記 - Diary -

【日記】ハクチョウが飛んできました Whooper Swans flew

夕方、屈斜路湖を見ていると、5羽のハクチョウが飛んで来たなぁと思ったら、ちょうど縦一列に順番に並んで降り立ったので、まるで降り立つ瞬間を合成したかのような写真になってくれました。ただちょっとだけ左右共に少しだけ見切れてしまったのが、残念でした。でも、まぁこういう時もあります。さて、明日明後日は登山の予定です。どんな景色が見られるのか楽しみですね。 When I was seeing Lake...
日記 - Diary -

【日記】エゾリスがドングリを探し回っていました ezo squeal was looking for acorn

和琴半島を歩いていると、エゾリスがドングリを探し回っている姿を見ることができました。その場で食べている時もあれば、拾ったドングリを地面に埋めたりして、貯食しているようでした。今年は全道ではドングリは不作だったようですが、川湯屈斜路の局所的に豊作だったため、こちらには見向きもせずに、めいっぱいドングリを楽しんでいるようでした。 When I was walking around wakoto ...
日記 - Diary -

【日記】雨の中葉っぱがどんどん落ちています leaf is falling day by day

雨がしとしとと一日中、降り続けていました。オフでしたが、仕事でないとなかなか雨の日に出かけに行かないので、久しぶりに雨が降る中、レインウェアを着込んで出かけてきました。紅葉はまだ見ごろでしたが、どんどんと葉が落ちていて、湖面に落ちたばかりの葉がたくさん浮かんでいました。その湖面に雨雫が落ちていて、晴れている日とは違った景色を見ることができました。 It was drizzling all d...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖を吹き抜ける風 Wind blows on Lake Kussharo

屈斜路湖畔の 紅葉・黄葉がピークですね。今年は本来なら赤くなるはずのハウチワカエデが真っ赤になる前に黄色のまま落葉してしまっています。そのため、今年は全体が黄色に色づいていて、時々赤くなったカエデがあり、これはこれできれいだなぁと思いながら、秋晴れの一日が過ぎていきました。明日は曇っていき、明後日は雨が降る予報です。今年の紅葉の見ごろは今日までではないでしょうか。 It was the be...
日記 - Diary -

【日記】オオハクチョウが増えてきました Whooper Swans at Lake Kussharo

屈斜路湖に浮かぶオオハクチョウがどんどん増えてきました。真冬でも滞在するグループか、南下している最中で休んでいるだけのグループなのかは分からないですが、プカプカと湖面に浮かんでいる姿が見られます。そんな彼らを湖畔に座りながら見ていました。それらが飛び立とうとするときは足と羽をバタバタさせながらまるで湖面を走っているかのように見えるのが面白いですよね。 The number of Whoope...
日記 - Diary -

【日記】オオハクチョウが飛んでいました Whooper Swans were flying

冬が近づくとやってくるオオハクチョウが、飛んでいる様子や屈斜路湖に浮かんでいる姿を数日前から目撃はしていましたが、なかなか撮影するチャンスが無く、夕方やっと撮影できました。北海道は台風の直撃を免れたものの、雨や風は午前中いっぱい吹いていました。午後からやっと晴れ間が見えてきたので、夕陽を見ていると、ほんのり夕焼けた雲の合間を縫うようにオオハクチョウが飛んでいました。 I could hear...
日記 - Diary -

【日記】霜が降り始めました It frosted this morning

一晩天気が良く、安定していると、早朝は気温がマイナス前後になってきました。すると辺りは霜が降り始めます。今朝は天気も良くて霜が降りていましたね。そのまま朝露となって、地面をしっとりとさせていました。カツラの葉の裏側って水を弾く何かがあるんですかね。他の葉と違って水玉になっていました。 Temperature in the early morning is becoming around 0 ...
日記 - Diary -

【日記】屈斜路湖畔を歩いてきました We walked along the coast of Lake Kussharo

川湯から屈斜路湖まで歩いて、その後は湖畔を歩いてきました。最近は歩きっぱなしですね。阿寒摩周国立公園と言えばネイチャートレイルって言われるようになるにはまだまだ道のりはきっと長いですね。さて、ここ1週間ほど、ずっと天気が良かったため、空はかすんでしまって晴れているはずなのですが、過ごしやすい気候でした。明日からは天気が崩れてくるようなので、少しだけ休めそうです。 We walked from...
日記 - Diary -

【日記】普段とは違う高さからの屈斜路湖 Scenery of Lake Kussharo

本当は台風の影響で雨が降るという予報でしたが、好天してくれてお昼前くらいから晴れてきました。そこで、また普段とは違う場所へと出かけてきました。入口と出口が違うので歩いた場所を往復しないといけないので、最後は完全にダレていました。でもいつもとは違う高さから見る屈斜路湖は良かったです。 It was said that it would rain because of the typhoon, ...
メープル物語 - Maple story -

【メープル物語】若木の葉が食べられたのでシカ対策 net against deer

初夏に植えたイタヤカエデの若木。正直、夏は食べるものがたくさんあるから、若木がシカに食べられてしまうのは食べ物が少なくなってくる晩夏だろうと勝手に想像していたのですが、甘かったです…。 植えてから一週間ほどで実は1,2枚ほどの葉を残してふさふさ生えていた葉は食べられてしまいました。これはもうダメだと思い、その無残な姿を写真に収めることもせず、放置してしまいました。 すると、それから2週...
日記 - Diary -

【日記】アメリカミンクが泳いでいました America mink was swimming

和琴半島を歩き終わって最後の堤防を歩いていると、傍で何かが動いたように見えました。ふと下を見るとアメリカミンクが ハンティングしていたのか、水浴びを楽しんでいたのかは分かりませんが、 プカプカと泳いではブロックに乗ってを繰り返していました。最後は陸に上がって草陰の中に入っていきました。もう少しじっくり観察したかったですが、見ることができただけでもラッキーでしたね。 I could see s...
日記 - Diary -

【日記】夕方には雨がやみました It stopped raining in the evening

日本海側にいる台風の影響で大雨が昨晩から降り続けていましたが、夕方には止んで少しだけ雨雲の切れ間が見られました。一昨日までは30度前後あった気温も一気に下がってきていて20度前後しかありません。急に気温が下がりすぎですね…。もう夏は終わった感じがします。 It has been heavily raining affected by typhoon of the sea of Japan s...
スポンサーリンク
×
タイトルとURLをコピーしました